【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(プーケット編)

【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(プーケット編)Part③

タイ 移住,海外 移住,バンコク 移住,パタヤ 移住,プーケット 移住 

 

こんにちは

 

今回は、プーケット移住計画第3弾です!ぜひ、こちらの情報を参考に、より良い人生の選択にお役立てください!

なぜ今、移住先に東南アジアの中でも、タイが選ばれるのか? 日本よりも住みやすく、物価水準も安いので、大幅に生活水準を上げることができるんです。しかも日本人も多く、日本人向けの店がたくさんあるので困ることはないでしょう。私は日本、ニュージーランドのウェリントン、シンガポール、台湾の台北、タイの5か国で生活したことがありますが、タイは1番住み心地が良いです♪

 

【タイ王国、プーケットに移住するメリット】

今回はプーケットです。プーケットは、観光地の印象が強いですが、住んでみると旧市街の古い町並みがきれい な、豊かな自然と観光地、そして歴史の 3 つの顔を持つ島だと分かります。 そして最大のきっかけは、いつもおおらかに接してくれた、現地の人の魅力が大きか ったと思います。そんな「魅力的な島」プーケットでの移住生活をご紹介します♪

前前回の記事→【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(プーケット編)Part①

前回の記事→【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(プーケット編)Part②

 

<娯楽、レジャーについて>

→映画館やボーリングのような娯楽施設はもちろんありますが、ここプーケットは世界 有数の観光地♪ 楽しい遊び場がいっぱいです!

・ジップライン※ロープを滑車で進むやつです。

・atv※乗り物です。上のジップラインと合わせて楽しめます。

・乗馬

・ウオーターパー ク→流れるプールやスライダーが楽しめるは島内に2か所

・ゴルフ

・スパ&サウナ

・ダイビング、サーフィン、フィッシング等

イベントやお祭りも多く、代表的なものに、『ラグーナ・プーケット・マラソン』、 『オールドプーケット・フェスティバル』などがあります。

もちろん、夜のプーケットも娯楽がいっぱい!オールドタウンの名称で知られる旧市外は、昔からあるお店と新しくできた現代的なカフェやギャラリー、雑貨屋さんな どが新旧入り混じったレトロな味わいのあるところ♪ ここで日中に散策するのも楽し いですが、隠れ家的なバーも多くおしゃれに飲めます。

 

それにパトンの「バングラ通 り」は世界有数の繁華街♪ そのほか毎日どこかでナイトマーケットが開催されている ので、夜遊びも結構楽しいのもプーケットのいいところです。

 

また、なんといってもプーケットには海。 海が一番の遊び場です。ビーチでゴザを敷き、 ソムタムやガイヤーンを食べながら家族や友人と過ごすひとときは最高です♪ もし引 っ越してきたら…ぜひ、皆さんにもオススメです。

 

<医療機関について>

→プーケットには医療設備の整った総合病院と、クリニックがあります。 2か所の私立の総合病院は日本語で対応してくれるので体調が弱って不安なときは安 心です。※保険に加入しておくことをオススメします。

 

私立病院

→人間ドックや健康診断、透析、レー シック、デンタルケアなどにも対応します。

・バンコク・ホスピタル・プーケット(日本語対応)

・シリロート・インターナショナル(日本語対応)

 

公立病院

→医療費の負担が少なく、現地の人が多くきます。

・ワチェラー・プーケット病院

クリニック

→結構お世話になるのがクリニックです。病院が開いていない時間や、車の免許更新な どの申請の際に必要な健康診断書の取得などの病院に行くまでもないようなときに便 利です。

 

薬局

→プーケットにはいたるところにあるのが薬局。すぐに見つかるし、急に夜歯が痛くな ったなんてときには夜でも開いているところもあるので助かります。

タイの医療水準は高いと聞きますが、実際に私立からクリニックまですべてを利用し てみて、公立病院は人が多く、待ち時間が長いとは感じましたが、、、ほかに心配になる ようなことは今までありませんでした。これなら安心して暮していけると思ってもら えると思います。

 

日本でも緊張するのに外国人の先生となるとさらに緊張しがちですが、昔、病院で外 国人がひとりで心細そうにしているのを不憫に思ったのか、優しい言葉をかけてくだ さった先生がいました。事務的な先生もいるけど、そういう先生も間違いなくいるの で、具合が悪いときは、変な塵肺しないで、早めに病院に行ってくださいね!行けばなんとかなるもんですよ笑

 

 

<日本食について>

→プーケットでは、ジェトロが調査したところ 2019 年の日本食レストランの店舗数がは 74だそうです。バンコクの 1993 に比べると多くはないですが、島としては十分です。

セントラルフェスティバル、フロレスタには、など数多くの日本食レストランが 入っています。迷ったときは、取りあえずここに来ることをオススメします。

・FUJIレストラン

・ZEN

・やよい軒

・SUKISHI

・8番ラーメン※タイ企業です。安いし、普通に食べられます♪

・OISHI

・ペッパーランチ

・かつや

・大戸屋 (セントラルフェスティバル、フロレスタ内)

 

また、『TOPSスーパーマーケット』のセントラルフェスティバル店は、日本食材料は品 揃えがよく、日本のお菓子も豊富です。

 

<プーケットから近くの旅行先>

→プーケットから少し足を伸ばせばパンガー県、クラビ県まで簡単に遊びに行けます♪

 

クラビ県

→有名なピピ島も実は、クラビ県。クラビにはピピ島同様に切り立つ石灰岩の岩壁と ジャングルの秘境のビーチリゾートがあります。自然が手つかずのままに残されてい るのでプーケットよりも自然のあるところに行きたいときにはクラビはオススメです。 島巡りや、ロッククライミングが楽しめます。

 

パンガー県

→映画「007/黄金銃を持つ男」の撮影に使われたピンガン島(別名:ジェームスボンド島)は、釘が海に突き刺さった様な形の奇岩が有名です。海ではシーカヤックが楽しめ、内陸ではラフティングが楽しめます。

そのほか飛行機でたった1時間 20 分のバンコクも、プーケット移住者にはとっては 最高の観光地。日帰りや、週末一泊してまだまだプーケットにはないお店に買い物や、 食べ歩きをして都会の雰囲気を楽しみます。

 

<プーケットに移住を検討中の方へ>

プーケットは一言で言うと「魅力的な島」です。海も山も川も、それに、にぎやかな観光地、歴史もあります!おおおおらかな現地の島民。私は、たくさん現地の人に助けて もらってきたなと、これを書きながら今までのことを思い出しました♪

 

もしあなたのより良い人生の為に、プーケット移住をお考えでしたら、ぜひ1度タイまで遊びに来られてはいかがでしょうか? 私は以下の店で店長にをしてます。たくさんの日本人の方が、相談にきます。みんなやはりタイに魅力を感じているんですね♪ 私も移住した1人です笑 お店をやりたい人や、こっちでとりあえず3ヵ月ほど住んでみたい方などなど♪

 

参考記事→タニヤでおすすめの居酒屋は激安メニューが44品もあるクルーズレストラン。