【驚愕!】タニヤ通りで全品50%オフのクルーズレストラン!

【驚愕!】タニヤ通りで全品50%オフのクルーズレストラン!

【タイお役立ち情報】 2020年最新!!プーケットのオススメのバー情報 

 

こんにちは。

 

今日はこんな話題でいきましょう!

現在、バンコクのタニヤ通りにあるクルーズレストランでは『全品50%オフ』の大セール中!

 

今回ご紹介するのは、クルーズレストランのぶり大根(^^♪

日本酒のお供に『ぶり大根』 は最高ですね!

先日、友人と伺いました。今は全品50%OFFをやっていてビックリでした!

たくさん飲んだ日に注文したメニューは、

・ぶり大根 脂ののったぶりはやわらく仕上がっていて、ブリの旨味と味のしみた大根がたまりません。大根はお箸が すっと入るほどやわらかかったです。これはお酒のつまみにぴったりでしたね。ぶり大根って日本だと冬の 定番料理ですが、常夏タイで食べるのもおいしいってことが分かりました。おいしいものはどこで、い つたべてもおいしいんですね。 この日のメニューの主役になるほどおいしかったです。

・お刺身盛り合わせ 梅のセットでいただきましたが、切り身が厚めでボリューム満点でした。

・ポテトサラダ もう一品ほしいというときにいいですね♪

・日本酒 花きざくら やや甘口で飲みやすい。お酒にあまり強くない私にぴったりです。

・明太子のお茶漬け 最後は明太子のお茶漬けをいただいてお店をあとにしました。 これを食べないと終われませんね!

帰りは時間も忘れて遅くなってしまいましたが、帰るのをせかされるようなこともまったくなく、あり がとうございました! ゆっくりお酒を飲むのには最適な、お店落ち着いた雰囲気でくつろげました。おかげさまで楽しい時間を過ごせました♪

 

***************************************************

続いてタイのお役立ち情報!2020年最新!プーケットのオススメのバー情報!

 

7月に入り規制緩和でいろいろなことが再開されました。プーケット一番の繁華街バングラー通りの立 ち入り禁止が解除されてバー、パブなど営業が再開可能になりました。そこで 7 月の規制緩和の現状と、 バー解禁ということでプーケットならではのバー情報を少しまとめてみました♪

 

7 月現在 のタイの状況

→緊急事態宣言解除の延長 3月26日に発令された 緊急事態宣言は、7月末に延長になりました。

外国人の受け入れ開始 観光客はビジネスマンやタイ人の家族などの条件下で外国人の受け入れもスタートするようです。(観 光客のほうの受け入れは、プーケットは今年8月から3段階に分けて行われる予定)

 

学校がスタート 緊急事態宣言解除はまだですが、いよいよ学校がスタート!

朝、夕方は通勤に加え、通学ラッ シュで道も渋滞気味、ひさしぶりの早起きですごく眠そうなバイクの後ろに乗った子どもたちを見かけ ました。

 

これだけお休みが長いと、さすがに学校にいくのも友達と合えてうれしいんじゃないかなと思 います。 小さいお子さんがいるお母さんに聞いたところ、保育園は密を避けるために、かわるがわる1日行って1 日お休みなんてことをしているみたいです。

 

ショッピングモール、デパート、展示施設などの緩和 通常の営業時間を再開できるようになりました。 タウン郊外にあるセントラルプーケットフェステイバルに行ってきましたが、6月に比べてもかなりの 人出で昔みたいににぎわっていました。

 

パブ、バー、カラオケバー、ゴーゴーバーは営業を再開(^^♪

 

プーケット一番の繁華街バングラー通りも営業をスタート!  3月から立ち入り禁止になっていたプーケットで最も夜の娯楽でにぎわうバングラー通りも7月1日水 曜日から立ち入り禁止が解除されて営業を再開可能となりました。

約3か月間も閉鎖されていたんですね。ただ、プーケット地元の新聞によるとオープンしたところは少なかったようです。

 

7月1日までの段階で、従わなければならないルールについて明確ではなかったのですが、7月2日に タイの新型コロナウイルス感染症対策センターCCSA(Centre for COVID-19 Situation Administration) から具体的に定められた公式の規則が発表されました。

規則の詳細はこちら: プーケットニュース

 

主な対策としては飲食中を除き、常にフェイスマスクを着用する、石鹸、アルコールジェルなど手洗い、 ソーシャル・ディスタンシングのことはもちろんですが、そのほかマイクカバーは使用前に毎回交換な どなど細かく書いてあります。

これは疾病対策の施行が無効になるまで続いて、その間は定期的なチェ ックがあり、ルールに従わないお店側には厳しい処置もあるようです。とても厳格ですね。

 

少しずつ再開されているプーケットの夜ですが、そういうことでプーケットならではのバー、パブをご 紹介します。お酒好きの方は一杯、立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

※感染症の影響で夜のお店は営業状況が変わることがあります。事前に各店舗に確認してくださいね。

 

 

目次

<ご当地もの!プーケット産のお酒が飲める!>

①プーケット産クラフトビールが飲める「ウー・チャラワン」

②タイ国産のサトウキビを使用して作ったラム酒が飲める「シャロンベイ蒸留所

<プーケットの有名クラブでお酒を楽しむ>

③クラブやパーティーイベントが大好きな人が集まる「イリュージョン」

<ビーチフロントでお酒が飲めるビーチクラブ>
④パトンビーチの海を眺めながらお酒が飲める「クド・ビーチクラブ 」

< オールドタウンのプーケットの歴史を感じられるカフェ&バー、レストラン&バー>

⑤お酒とプーケット郷土料理が楽しめる「タンティティウム」

<屋外のナイトマーケットで、おいしい屋台のごはんをおつまみに>

⑥ビールが飲める「プーケット・インディ・マーケット 」

<ルーフトップバー >

⑦まるで天空に浮かんでいるようなバー「ババネスト」

 

それでは早速スタートです。

 

<ご当地もの!!プーケット産のお酒が飲める!>

プーケット産クラフトビールが飲める「ウー・チャラワン」

→ここはタイ風の居酒屋といった雰囲気。プーケットの「フルムーンブリューワークス」(パトンビーチ のジャンクセイロンにありますね)で作っているクラフトビールや、もちろんほかのお酒も提供して います。

シャロンベイラムで作っているプーケット産ラム酒もおいてあります。

食べものは伝統的なスタイルの生春巻き「ポーピア・ソット」などの南部の料理、ムーピン(豚肉の串 焼き)ともち米、サテ、カレーフリッター、ガイヤーン(ローストチキン)などの居酒屋のようなおつ まみ感覚のメニューで、ビールがさらにおいしくいただけます。場所はオールドタウンのテップクラッ サットリー通りで派手なワニの絵が目印です! 英語表記:Err Chalawan 公式サイト:https://errchalawan.com/ フェイスブック:https://www.facebook.com/errchalawan/

 

今回はここまでです。

続きは次回!

 

今回記事をご紹介しているのは、バンコクのタニヤ通りで、日本食&タイ料理レストランの運営をしているクルーズレストランです。 タイの情報はおまかせください♪ タイの最新情報を収集しながらも、お酒が飲めたりカフェスタイルのようにゆっくりできたりと、、、新しいタイプの店舗なんです♪ ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は、どうぞ!