バンコク、タニヤブログ。日本全国ご当地おそば選手権♪⑧

バンコク、タニヤブログ。日本全国ご当地おそば選手権♪part⑧

バンコク、タニヤブログ。日本全国うどん戦選手権♪

こんにちは。

 

今日はこんな話題でいきましょう。

 

そうなんです!タニヤ通りのクルーズレストランは現在全品50%オフの還元祭中!!!

今は、タニヤでおすすめ2020!全品50%オフのクルーズレストラン!

 

PART①はこちら→【驚愕!】タニヤ通りで全品50%オフのクルーズレストラン!

まずは現在、バンコクのタニヤ通りにあるクルーズレストランでは『全品50%オフ』の大セール中!

なんとメニューは50%オフで最安値29B~あります!

来店されたお客様の声

・お会計時、、、『安っすい!!!』

・『こんな安くて大丈夫なの?』

・『安すぎ!また明日来るわ!』

などなど、やはりお会計時に驚かれたり、逆に心配されたりします!!!(;゚Д゚)

 

なぜ、この時期に、『全品50%オフ』を行ったかといいますと、、、タイ人やタイに在住の日本人なら、ご理解を頂けるかと思います。3月21日より、飲食店は急に閉鎖となりました。店内アルコール販売禁止など。。。他にもショッピングモール、マッサージなどたくさんの会社が閉鎖となり、タイ経済にも大打撃を与えました。

更に外出禁止令などもあり、たくさんの規制の中、タイ人や私達日本人は生活してきました。

6月中旬から、飲食店でのアルコール販売も許可され、少しずつですがタイにも普段の生活が戻ってきました。

この3ヵ月仕事がなかったタイ人や日本人のかたもたくさんいると思いますが、規制緩和された今、友達や会社の同僚と集まり、お酒も飲みたいことでしょう。

そんなみなさんに、その機会をぜひ当店クルーズレストランで楽しんで頂きたいと思い、おサイフにもやさしい今回の企画プロモーションをやることにしました!

 

まだタニヤ通りのド真ん中にある当店クルーズレストランのことをご存じない方もいるかと思いますので、今回はメニューのご紹介をしたいと思います。

 

ちなみにメニューの価格は『半額』にしてない価格です。記事の価格からの『半額』となります!びっくりするくらいの安いメニューや、コストパフォーマンス抜群のメニューもたくさんあります!

どうぞ、ご確認ください♪

 

参考記事→タニヤでおすすめの居酒屋は激安メニューが44品もあるクルーズレストラン。

参考記事→【驚愕!】タニヤ通りで全品50%オフのクルーズレストラン!

 

今回からは、日本全国のご当地おそばのご紹介です♪

皆さんは、麺類の中で何が1番好きですか?

『そば』は『そば通』という名前があるほど、好きな人は多いですよね?色々な名店に行きは、『そば』を食べられていると思います。

 

それでは、早速スタートです!

 

深大寺そば 【東京都】

私の地元、東京のおそばですね♪ ここ深大寺の名物なんです!

この『深大寺そば』は、その昔、美味しさゆえに『献上そば』としてもてはやされたとの言われています。それだけ美味しい『おそば』ということで有名になったおそばなんです。

 

この『深大寺そば』の特徴は、『一本棒、丸延ばし』と『ぼっち盛り』の2つの特徴があります。

蕎麦食文化の神髄は、まさにここにあると言われています。

 

深大寺のあたりの土壌は、ここも『おそば』の栽培に適していると言われています。つまり、逆を言うと、『米』や『麦』が育たない土壌とのことですね(;^ω^) またこの地域周辺では、昔は湧き水が色んな場所から噴き出していて、その湧き水がすごく冷たかったので、それを使って茹でた『おそば』を引き締めていたそうです。なんかいいですね!

自然の中で、育てられた『おそば』を使って、自然の湧き水で〆た『おそば』はすごく美味しそうですよね(^^♪

 

 

 

信州そば 【長野県】

今回は『おそば』といえばこの県を外すことはできません。長野県の『信州そば』です。なにかで読んだのですが、長野県は、お蕎麦屋さんの多さが日本一のようですね。

 

ここでは、『おそば』の歴史について少し触れてみましょう!

その昔、日本で『おそば』といえば、『そばがき』が一般的でした。現代人は『そばがき』なんて食べたことありますかね? なかなかもう見ないですね。。。

この『そばがき』は、江戸時代初期に、おもてなし料理として、はじめて『そば切り』が登場したと言われてます。

 

『信州そば』ってすごく美味しく、有名な『おそば』です。この『信州そば』が美味しい理由の1つに、そば粉自体の美味しさがあげられます。

長野県では、その地形立地ゆえに、昼と夜の気温の差が大きいんです。それで美味しい『おそば』が育つそうですね。

 

そんな環境で育てらえた、そばの実で作った『信州そば』を、キンキンに冷えたたっぷりの水で締めます。そばには、『お水』はすごく大切でね。昔のように、時代が移り変わり便利になるとともに、美しい自然からの『お水』はだんだんと少なくなってきています。この長野県の自然が生み出した素晴らしい、おそばが『信州そば』なんですね♪

 

今回はここまで!

<続きは次回>

 

今回記事をご紹介しているのは、バンコクのタニヤ通りで、日本食&タイ料理レストランの運営をしているクルーズレストランです。 タイの情報はおまかせください♪ タイの最新情報を収集しながらも、お酒が飲めたりカフェスタイルのようにゆっくりできたりと、、、新しいタイプの店舗なんです♪ ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は、どうぞ!