【ワイン好きも納得のセレクション、タニヤに穴場を発見!】

【ワイン好きも納得のセレクション、タニヤに穴場を発見!】

ワイン好きも納得のセレクション、タニヤに穴場を発見

 

こんにちは

 

今日はこんな話題でいきましょう♪

 

『大人の男性』、『大人の品格』、『できる男の嗜み』、、、これを聞いて皆さんはどういう男性を想像しますか。

身だしなみですか?

→できる大人は足元を大切にする。だから自分を支える『靴』にお金をかけるといいます。どんなに服や時計、頭を完璧にセットしても、靴がボロボロだったりしたら、アウトですね。

他には、どうでしょうか?

マナー

→こちらも大切ですね。店員に対する言葉遣いや、社会的『道徳』など。日本社会で切っても切り離せないです。

ま、一般的には、こんな感じでしょうかね。

 

では、女性が仕事以外で、男性をみて、『この人できるなぁ』、『大人だなぁ』と思う時ってどういう時だと思いますか。

オシャレのレストランに連れて行ってくれて、エスコートしてくれたり、、、気が利く男性ですね。また女性は、男性のこんな部分をみると、ポイントが高いそうです。

ウィスキーやワインを飲んでいる姿に、、、そう感じる傾向があるそうですよ♪

例えば、2軒目の『隠れ家BAR』のバーカウンターで、お酒を飲んだり、、、カッコよくワインリストから、美味しくてオススメのワインをチョイスしてくれたり、、、そんな姿に魅力や尊敬を感じるようですね♪

 

今回はそんなことを知ってか知らないか、、、ワイン通の1人の男性のお話です。

 

***************************************************

 

そのタニヤで、一つだけ、物足りなかったのがワインだ。上質の『もの』をちゃんと揃えている店がなかったのだ。周りは居酒屋やラーメン、寿司の店が並ぶ。夜遊びをしていても、それだけが気にかかっていた。

 

そんな中、友人に連れられて行ったのがクルーズだった。分厚いメニューを何気なくめくっていくと、ワインのページにぶつかった。そして、そのリストを見ると・・・思わず、ニヤリと微笑んでしまった。

 

「やるじゃないか」と心の中で密かに呟いた。

 

メニューの冒頭に出てくるのはラ・カッライアのサンジョヴェーゼ。アッレッティ家とコッタレッラ家によって創られる、伝統的なワイン造りを継承しながら、革新的手法も用いているワイナリーだ。有名ワイン評論家のロバート・パーカーも絶賛している。他にも、フランスのシャトー・トゥルヌフィーユのポムロール、フォントディのキャンティ・クラシコなどが並ぶ。

 

白ワインにも気を抜いていない。ブルゴーニュのJ.フェヴレのシャブリ、イタリアのコスパ良いヴィラ・マルティーナのピノ・ブランなどなど。

 

迷った末、この日は、フォントディのキャンティ・クラシコを選んだ。以前、イタリアのキャンティ地方でワイナリー巡りをした時、フォントディでワイン畑を眺めながら飲んだのを思い出したからだ。

 

美しいルビーの輝きは、正に芸術品。初めの口当たりは柔らかいが、奥深さを兼ね備えている。

 

店内の雰囲気も、このワインを飲むに相応しい。最早、タニヤ以外の何処に行く必要もなくなった。

 

***************************************************

【ワイン好きも納得のセレクション、タニヤに穴場を発見】

 

当店の店内は、木彫のテーブルと豪華な椅子。『大人の嗜み』をする店として人気です。残念ながら、『葉巻』は取り扱っていませんが、OPEN~深夜の閉店まで、ワインやウィスキーを楽しむことが出来ます。

ワインは『赤』『白』を3種類づつ。ご利用用途に合わせて、ご注文いただけます。

 

お料理に合わせてのチョイスはもちろん、時間帯によってこんな風に分けて楽しむことが出来ます。

<お昼時のご利用>

→まだ明るい内は、キンキンに冷やした『白ワイン』がオススメです。スナックやミックスナッツなどと合わせて、お気軽にお楽しみいただきます。ランチメニューは、パスタメニューも豊富です。海鮮系のパスタの『海の幸スパゲティー』や『ボンゴレ・ビアンコ』と合わせるのも◎ 席は、外の光がよく入る窓際近くがオススメです。明るい太陽を浴びながら飲む、冷たい白ワインの味は格別です。

 

ランチタイムは『和牛ステーキ』もありますので、どうしても1杯は『赤』で決めたい!というお客様には『グラスワイン』もご用意してます。

 

<夕方前~夜ごはん前までのご利用>

→こちらの時間帯も、やはり『白』、もしくは、軽めの『赤』。この後のお食事などのご予定も考え、冷たすぎない温度が飲むのがオススメ。昼間と違い、気温も少し下がってますので、外のテラス席で、バンコクの夕焼けを感じながらどうぞ♪

 

<夜ごはん~深夜までのご利用>

→この時間からはやはり『赤』。たくさんお食事もされるとこでしょう。ステーキなどを始め、脂分が体内に入るので、『フルボディの赤』がオススメです。同伴タイ人女性とのご利用でも、当店の店内の豪華さとワインボトルを並べれば、それだけで『日本人男性の品格』が映えることでしょう。

騒がしい時間を避けて、女のコとの時間をゆっくり楽しみたい方は、やはり深夜のご利用が最適です。静かになったタニヤ通りを眺められる窓際カウンター席で、女のコとお客様だけの『時別な時間』を演出いたします。もちろんテーブル席もご利用可能です。スポットライトがあたるテーブル席は、まるで船員たちが夜な夜なテーブルを囲んでトランプをするような秘密の空間を演出し、タイ人女性との距離も縮まります♪

以上です。

当店では、ご要望があればお客様のご希望のワインも出来る限りご用意しております。

新型コロナ終息後、1発目のバンコク旅行で女の子にしっかりアピールしたい方は、下記からLINEにてご連絡ください。

参考記事→バンコクの日本食は高い!? 安くても高クオリティーの日本食居酒屋はクルーズレストラン

コメントを残す