【まとめ】タイ・バンコクのコロナ状況(続)と対策・注意点

【まとめ】タイ・バンコクのコロナ状況(続)と対策・注意点

【まとめ】タイ・バンコクのコロナ状況(続)と対策・注意点  

こんにちは。

 

今日はこんな話題でいきましょう!

 

以前、タイのコロナ対策でフェーズ1~3までをご紹介しましたが、その後、6/15よりさらにフェーズ4へと進み、

いよいよ入国についてもそろそろ?と日本⇔タイ、両国に期待が高まりつつあるような感じでした! 今回はその後のフェーズ4のまとめ・入国関係やコロナ関係について現状で分かるところまで調べてみました。 合わせてマスクやアルコール消毒液の状況等、これからタイを訪れる予定のある方に、現地の情報・感覚でお伝えしたいと思いますので旅行の前に参考にしてくださいね♪

※先日のタイニュースでは、日本や中国の一般客の入国の許可を前提に進めてしたのですが、日本や中国は第2波が起きてしまい、まず検討するに値しない。とタイ政府側に言われてしまいました(>_<)

日本も早くコロナ感染者を下げた状態をキープして、タイから入国許可が下りることを願ってます。

ですが、タイ国内は第4フェーズに入ったことにより、だいぶ普通らしい生活に戻ったと感じます。まずは夜間外出禁止令が解除され、飲食店内でのアルコール販売許可がおりたのが、大きな前進ではないでしょうか(^^♪

ですが、外出禁止令はホントに冷や冷やです💦

深夜22時(当初)が近づくたびに、外にいると少しソワソワします。。。もし普通のオフィスワークの人が、21時半ごろに自宅について、そしたら家の鍵をオフィスに忘れた場合とかはどうするんでしょうね。。。

そんなことを気にしたりもしてました(;^ω^)

 

さて、そろそろ今回のテーマを始めましょうか!

 

<目次>

①フェーズ4の概要

②タイ⇔日本の出入国状況

③現在のタイのコロナ状況

プラーカポンのから揚げ

①フェーズ4の概要

先ずはフェーズ3に続き、6/15から実施されているフェーズ4のまとめです。

フェーズ4のまとめ

1、夜間外出禁止措置の撤廃

2、インターナショナルスクール、小規模学校の再開(120人以下)

3、レストラン・ホテル等、飲食店でのアルコールの提供再開(パブやバー、カラオケなどのエンターテインメント施設は対象外)

大きく生活に直結するものは①・③でしょうか。 あまり関係ないですが、②の学校については、7/1~日本人学校を含む中規模・大規模学校が授業再開が可能となる見込みとされています。

また③についてはようやく待ちわびた規制解除でしたが、 ・消費を喚起するような活動は許容されない ・遊興施設、パブ、バー、カラオケ、ビアホールは不可 ということで、完全な解除とまでは尚至ってないのが現状です。 が、実際にはスポーツBARなどが営業されてたりで、お店の営業形態や登録などによって違いがあるのかもしれません。 しかしながら、今のところクラブやお姉さんのいるようなバーは規制対象とされています。 また「県をまたぐ移動の緩和」については、 フェーズ3では「移動緩和」からさらにフェーズ4では、「着席・乗客数制限についての基準」というものが出されました。 着席・乗客数制限についての基準については、 「乗客のトラッキングが可能なように、必要情報を登録すること。」 とされています。 さらに、国内線については、全座席数を販売可能。 長距離バス・その他公共交通機関については、 「長距離バスは2時間おきの洗浄措置、かつ、乗車率は70%を超えてはならない。」 「同伴旅行者がいる場合は、隣接して着席を許可(ただし、その隣1席は空席とする)。」 などの規制は、実生活や旅行者・ビジネスマンにも直結するものですのが、まだまだチェックが必要そうなので引き続き注視していきたいと思います。

 

2、タイ⇔日本の出入国状況

→まず今後の出入国に関して

・7月にまず医療観光者などの受け入れ再開を検討

・一般旅行者の入国制限緩和について、まずは日本、中国、韓国の3か国が対象になると言及 ここまでが分かっており、これに先立つものとしては ・ビジネス関係者 ・熟練技術者 ・配偶者がタイ人の外国人 ・医療観光客 は人数制限をしたうえでタイへの入国を認める準備している と発言されたことが確認されました。 何れにしろ自由な、タイ⇔日本の往来には時間や制約がかかりそうな感じですね。

 

今回はここまで!

<続きは次回!>

次回は現在の日本とタイの出入国情報からスタートです!まだまだ色々な規制がありますので、十分に確認が必要です。また、タイではありませんが先日日本人4人がカンボジア渡航したが、入国できずにそのまま帰国との情報もありますね。各国とも規制に関しては厳しく取り締まっていますね。

 

今回記事をご紹介しているのは、バンコクのタニヤ通りで、日本食&タイ料理レストランの運営をしているクルーズレストランです。

タイの情報はおまかせください♪ タイの最新情報を収集しながらも、お酒が飲めたりカフェスタイルのようにゆっくりできたりと、、、新しいタイプの店舗なんです♪ ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は、どうぞ!

 

参考記事→バンコクの日本食は高い!? 安くても高クオリティーの日本食居酒屋はクルーズレストラン