【タイお役立ち情報】タイ在住10年越えのプーケット、夜の遊び方 !

【タイお役立ち情報。タイ在住10年越えのプーケット、夜の遊び方 !】

【タイお役立ち情報】必見!プーケットの夜の遊び方 。

こんにちは

 

今日はこんな話題でいきましょう!

 

今は、日本でももう『海外に行け~』とか『海外進出しろ~』とか言われてますね!もし個人にしろ、法人にしろタイは魅力満載です。ぜひ、こちらのタイ情報をご活用ください♪世界で最も人気のある旅行先のひとつプーケット♪ 白い砂浜と青い海は間違いなく多 くの人々を魅了します!また夜を楽しむことに関しても最高です!(仕事にならないかも(;^ω^)) 今回は、プーケットの夜を 楽しむ、バー&クラブ 、 ショー 、 ナイトマーケットなどをご紹介します♪ たくさんオシャレをして遊びに行ってみてくださいね!

 

【ショー】

①サイモンキャバレー

②プーケットファンタシー

【バングラロード】

①イリュージョンクラブ

【ムエタイ】

①パトン・ボクシンクスタジアム・サイナムエン

【ナイトマーケット】

①プーケット・ウォーキング・ストリート

②プーケット・インディ・マーケット

③プーケット・ウィークエンド・マーケット

【ビーチクラブ】

①クド・ビーチクラブ

【ルーフトップバー】

①キー・スカイラウンジ

②ザ・サーフェス・レストラン&バー

③ディアボロ・レストラン

④ババネスト

 

では、早速いきます!

 

【ショー】

→プーケットでは、ニューハーフのキャバレーから文化的なパフォーマンスまで、多くのショーが楽しめます。最も人気のあるショーを2つご紹介します♪どちらも一見の価値がありますよ!

<サイモンキャバレー(Simon Cabaret)>

→プーケットで華やかなショーが見たい!そんな人には、パトンビーチにあるサイモン キャバレーが最適です!! タイに来たら一度は観たいニューハーフショー。きらびや かなコスチューム、歌や、ダンス、キャストの美しさには感動します♪
約1時間30分のショーが終わると一緒に記念撮影もできますが(100バーツほどの チップが必要)、結構体が大きくて、ゴージャスな衣装も相まってか、間近で見ると 迫力がすごい…。でもやっぱりきれいです♪

公式サイト: http://www.phuket-simoncabaret.com/

 

<プーケットファンタシー(Phuket Fantsea)>

→カマラビーチにあるプーケット最大の夜のテーマパーク、プーケットファンタシー。 “カマラ王国”という幻想的な神話に沿って、タイの文化や古典舞踊などが約1時間3 0分繰り広げられます。敷地内にはアジア最大と言われる巨大なビュッフェレストラ ンや、民族衣装を着て撮影できるショップ、象に乗れるコーナーなどもあります。
150人ものダンサー、約20頭の象のショーは迫力があって見応え十分!! 普段は 温和でおっとりしたイメージのタイ人の、キリッとしたプロフェッショナルなステー ジは感動します!!

公式サイト: http://www.phuket-fantasea.com/japanese/index.html

<バングラロード>

→太陽が沈むと急に元気になってくるパトンビーチにある400mの通り、『バングラロ ード』は、夕方から深夜にかけて、通りに沿ったバーからたくさんの大音量の音楽が 流れ、ネオンでキラキラにライトアップされていきます。ビヤバーから、クラブ、パ ブ、ゴーゴーバー、おいしいレストランまで、夜の娯楽施設がすべてここにあるよう な、とっても活気があり、にぎやかで、楽しいストリートです。

夜間は歩行者天国になるので自由に散策を楽しめますが、何度歩いてもわくわくしま す! 夜遊び大好きな人は間違いなく必見です!!

<イリュージョンクラブ(Illuzion Phuket  )>

→プーケットでも有名な巨大スクリーンのあるナイトクラブ『イリュージョンクラブ』もこれもバングラ通り。DJが大音量で音楽を流して盛り上がっています♪

公式サイト:https://www.illuzionphuket.com/

 

【ナイトマーケット】

→プーケットでは毎日島のどこかで夕方から夜にかけてナイトマーケットが盛り上がっ ています!そんな数ある中から3つ厳選してご紹介いたします♪

日程がナイトマーケッ トの開催日とあえば、遊びに行ってみてくださいね。あれもこれもと買いものが止ま らない、わくわくする夜になりますよ!

 

<ムエタイ>

→プーケットのナイトライフはショー、パーティ、クラブがすべてのことだと思っていたら大間違いです! ナイトライフには、タイの国民的スポーツ、タイのキックボクシング『ムエタイ』を生で観戦できることも忘れてはいけません!熱気、興奮、歓声の間近で観るムエタイの生の迫力…笛や太鼓などの音楽に合わせて舞を演じる“ワイクルー・ラムムアイ”と呼ばれる試合前に行われる、伝統の祈りの儀式も独特で見逃せません!

知らない選手でも真剣な目で戦う姿を観ていると、いつのまにか必死に応援してしまいます…。キックボクシングは日本でもワークアウトで女子に人気ですが、ムエタイ も一度見たらタイ好き女子なら、はまるかも!?

 

<パトン・ボクシングスタジアム・サイナムエン(Patong boxing stadium Sai Nam Yen)>

→日本人ファイターや、タイ国内の有名選手が来ることも。

※そういえば、まだ当店クルーズレストランのオープン当初に、若い男の子とおじちゃんが店にきたんです。

話をしているうちに分かったのは、なんとその若い男の子は、タイのムエタイチャンピオンだったんです。しかもその日は試合が終わった日で、思いっきり食べてました笑

公式サイト:http://www.boxingstadiumpatong.com/

 

<part②に続く>

 

今回ご紹介したのは、バンコクタニヤ通りに、日本食&タイ料理レストランを運営しているクルーズレストランです。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

参考記事→タニヤ通りで、和食(日本食)ランチは、新ランチメニューのクルーズレストランがおすすめ!