【タイお役立ち情報】チェンマイでの休日の過ごし方

【タイお役立ち情報】チェンマイでの休日の過ごし方part②

【タイお役立ち情報】チェンマイでの休日の過ごし方

 

こんにちは

 

今日はこんな話題でいきましょう!

 

日本から海外旅行でタイに来ているうちは、もちろん毎日が休日ですが、タイ在住者はほとんどの方が現地タイ王国で仕事をしてます。そんな生活の中、在住当初でしたら、1週間に1回、2回のお休みはすごく楽しみになると思います(^^♪

今度の休みはどこに行こうかな。とワクワクが止まりませんね!バンコクならチャオプラヤー川をのんびりボートでくだり、バックパッカーの聖地カオサン通りまで、、、なんてことも楽しいです♪良い気分転換になります。

パタヤやプーケット在中でしたら、ビーチロード昼間から今回はもしチェンマイ在住になった時にはどんな休日の過ごし方があるか、ご紹介します!

 

part①を見てない方はこちらからどうぞ!

参考記事→【タイお役立ち情報】チェンマイでの休日の過ごし方

 

では早速いきましょう!

 

<目次>

①フイトゥンタオ貯水池

②チェンマイ駅

③タイで経験してしまったこと

④今日のオススメ料理

 

前回は『フイトゥンタオ貯水池』のご紹介でしたね!

今回は、ここに行けばあなたのインスタもバズること間違いなし♪のチェンマイ駅のご紹介!

 

では、早速スタートです♪

 

<チェンマイ駅>

→ここチェンマイにはタイ最北端の鉄道の駅があります。

チェンマイ・レイル・ステーションです。チェンマイの城郭から少し東に行ったところにこの駅があり、チェンマイ駅からはバンコクまで繋がっています。

駅なので観光地というわけではありませんが、駅構内を見てみるのも、なかなか楽しいですよ♪

特に鉄道ファンにはオススメ! 駅構内には無料で入ることができて、プラットホーム・列車ともにレトロで映画のワンシーンの中にいるような感じです。列車の本数は少ないのですが、、、(;^ω^)

暇なときはこの駅に来て、ぼーっと電車を見たり、ホームで写真撮ったり、タイ人やバックパックを背負った欧米人などどんな人が利用しているのかを見たり、人間観察をするのも楽しくてオススメです!

 

そういえば、、、なんと二段ベッド?の寝台列車も走っています。

チェンマイとバンコクまでは直線で約700キロですが14時間もかかります。夕方に駅を出て、夜になるとスタッフの方はベッドメイキングをしにやってきてくれます。

1車両に1人このスタッフがいて慣れた手つきでどんどんベッドにしていき、その手際の良さに脱帽します。列車の車両自体はとても古く、きれいかどうかといえばきれいではないのですが、リネン(シーツ等)は小包装できちっとクリーニングされた清潔な物を使用していたので安心して横になることができます。

日本人の平均的な体型の方はしっかり足を伸ばして寝ることができると思います。大きい荷物を置くスペースもあります。

また通路側にはカーテンもあるので、プライベート空間も確保されています。それでバンコクまで片道約800バーツです。時間のある旅行者の方には、ぜひトライしてもらいたいです♪

この寝台列車には食堂もあり、少し高いですが、食べることもできます。

自分の席にも運んでもらうことも出来ます! どのような味かわかりませんが日本料理のメニューもありました(^^♪

 

しかし、この鉄道を利用されるときは、事前にコンビニや屋台等で食べ物や飲み物を購入することをおすすめ! 駅の前にはセブンイレブンがありますし、ローカルレストランや屋台もたくさんあります。

 

ミニ情報として、125ccまでのバイクも列車に貨物として乗せることもできるんです!貨物室が付いている列車のみになるので、チケットを買う際はカウンターのスタッフに聞いてくださいね。バイクを預ける際は、パスポートとグリーンブック(車両登録証)が必要になりますので、必ず携帯してくださいね!

 

その他の注意事項としては、特に寝台列車は早めのチケット購入をオススメがオススメ! プラプラと駅に行っても満員で買えない可能性もあるので、、、遅くても乗りたい日の2、3日前の購入が安心できていいと思います。

 

タイも新型コロナウィルス感染症で、バンコクでもお店が閉鎖され、たくさんのタイ人が田舎に帰りました。その後、もうすぐバンコクで仕事が再開されるという時に、私の友達のタイ人もウドンタニからバス?でバンコクに来るような話があったんですね。そのタイ人は新しい仕事が始める3日前くらいにバンコクに出発しようとして、、、出発日の5日前くらいに🚌を予約しに行ったそうですが、、、

なんと約2週間すべてのバスが満席状態!とのこと。。。

こんなこともありまので、、、上記にも記載したように早めに予約対応をしていってくださいね!

 

今回はここまでです。

<続きは次回!>

今回記事の紹介は、バンコクのタニヤ通りで日本食&タイ料理レストランを運営しているクルーズレストランです。

参考記事→タニヤでおすすめの居酒屋は激安メニューが44品もあるクルーズレストラン。