【タイお役立ち情報】バンコクから手軽に行けるビーチリゾート⑤選

【タイお役立ち情報】バンコクから手軽に行けるビーチリゾート⑤選part③

【タイお役立ち情報】バンコクから手軽に行けるビーチリゾート⑤選

こんにちは。

 

今日はこんな話題でいきましょう。

 

世界中の旅行者達が何度もリピートするタイの魅力の1つはやはり『海!ビーチ!リゾートアイランド!』

バンコク及び近郊だけでもかなりの数があり、訪れるたびにタイに嵌りそうです。さらに国内線・1時間半のフライトでアジア屈指のリゾートビーチ『プーケット』にいけるなど、移動手段によって半日でいける海やビーチは無限大です♪

 

今回は初めの方も不安なくいくことできる基本のものから、最近話題のビーチリゾートまで在タイがベテランの私の体験談を交え、本気でチョイスしてみました。

 

日程上、タイトなスケジュールになる方は仕方ありませんが、是非、一泊以上、無理なら朝陽や夕陽どちらかでも楽しんでいただきたいと思います!

かくいう私もタイの島に魅せられて移住を決めた口(#^^#) コロナの影響でリモートワークも根付いてきとのではないでしょうか? パソコン1台持って、世界の好きな場所で仕事するのはもうすぐそこまできたいるかも知れませんね♪

タイの常夏のビーチを横目に好きな音楽を聴きながら、ノマドワークは誰もが1度は憧れた環境(#^.^#)

今回はたくさんのタイの海の美しさを知っていただき、その魅力にとりつかれてタイに来て欲しいと思います!

part①→

part②→

 

<バンセンビーチ(Bangsaen Beach)>

→パタヤ手前にあり、車で1時間程でいける「バンコクから最も近いビーチ」と言われています。なかなか日本で紹介している旅行会社などはなく、日本人を見かけても、ごく少数です。

 

このバンセンビーチを訪れている人は、8割がたローカルのタイ人ではないでしょうか?

旅行客も少なく、まさに穴場のビーチです。ですが、ツアーなどをみつけるのはおそらく難しいと思うので、どうしても行きたいという方は個人でいくことになります。

 

バンコクからこの距離なので流しのタクシーでも「行き」は簡単につくと思います。ですが、帰り際になってタクシーで帰ろうとしても、捕まらなかったり、タイではよくありますが、この距離だと乗車拒否されることもしばしばあるので、「旅慣れしている方にはタクシー」を、「不安な方は①でも紹介したドライバー付きレンタカー」をおすすめします。

 

バンセンの海の水はそこまで綺麗ではありません。私はバンセンの海には入りませんが、泳いでいる方も普通にいます。それでもここを厳選しておすすめする訳は、十分リゾート気分を味わえるから!

 

ビーチは、4キロに渡って続く砂浜沿いに、タイらしい大きなヤシの木が生え、パラソル・ビーチチェアーがずらっと並べられています。

早速、ビーチチェアーを借りてシーフードBBQやビールを頼めば、それだけでも一気にタイのリゾート気分に。

 

 

さらにおススメの時間は夕方。夕刻の時間が近づくにつれ、めちゃくちゃ綺麗な夕日を見ることができます。

 

ヤシの木の合間に見える海と夕日は、これは「インスタ映え」チャンス到来です!私はこのロケーションでたくさんの『いいね!」をいただきました。必見ですよ(^’^)

 

<プーケット島>

→『アンダマン海の真珠』の異名をもつ世界屈指のリゾートアイランド!

 

日本人にもお馴染みのタイの島の1つ、プーケット島。バンコクから850キロ離れた場所に位置し、ご紹介した中で一番遠いビーチリゾートです。

 

国内線バンコク⇔プーケットのフライト時間1時間半。プーケットからメインビーチである『パトンビーチ』までの車移動1時間、その他諸々チェックイン等を1時間半くらいでみておきましょう。

これなら『サメット』と同じくらいの片道の所要時間4時間くらいではないでしょうか?

バンコクから日帰りできるか?否か?といえば、答えは可能です。日帰りのツアーは見つからないほど需要はありません!もったいないですもんね。

 

プーケットから更に船で二時間行けば、ディカプリオ主演映画、『ザ・ビーチ』の舞台となったピピ島があるな(2021年の半ばまで入場禁止)、その他にもプーケット周辺の離島も自然豊かで私の大好きな島の1つです!

バンコクから1泊2日のツアーもでており、距離の割にはわりと初めての方にもお手軽にいける、しかもアジア屈指のリゾート地です。サメット島を考えている方には、実は時間的に比較対象にあがるのはプーケットだと思います。

どちらもバンコクより高い「島価格」ですが、世界的にも有名なプーケットの方がより物価は高くなります。

 

***************************************************

 

タニヤ通りでまさかの本格タイ料理!?

 

ローカルショップや屋台でなかなか食べることができない「タイカレー」。屋台やフードコートで見かけても頼んでみると麺にカレーをかけるという「カノムチーン」がきたりと、割としっかりしたお店じゃないと満足のタイカレーに出会うことは難しいでしょう。

またタイのカレーといえば、マストで食べたい「マッサマンカレー」。

『世界で最も美味しい料理50』で1位に選ばれていることも、ご存知の方も多いはず。確実に美味しいマッサマンカレーを食べたいならコレがおすすめ。

 

マッサマンカレーはココナッツミルクを入れるため、スパイシーというより甘めなカレーです。ここはレベルの高い上質なココナッツミルクを使用しているので、マッサマンカレーもただ甘いだけじゃなくてコクがあるんです(*´ω`*)

しっかり煮込まれた存在感のある大きな骨付きチキンは、お肉がほろほろと箸で取れるやわらかさ♪濃いめの味付けなので、がっつりご飯とも相性抜群です!

また辛いカレーは食べれないお子様でも、美味しく食べることができると思います。

大人から子供まで、誰もが食べやすい味付けなので、美味しいタイ料理に迷ったらコチラをどうぞ!