【タイお役立ち情報】バンコクから手軽に行けるビーチリゾート⑤選

【タイお役立ち情報】バンコクから手軽に行けるビーチリゾート⑤選

【タイお役立ち情報】バンコクから手軽に行けるビーチリゾート⑤選

こんにちは。

 

今日はこんな話題でいきましょう。

 

 

世界中の旅行者達が何度もリピートするタイの魅力の1つはやはり『海!ビーチ!リゾートアイランド!』

バンコク及び近郊だけでもかなりの数があり、訪れるたびにタイに嵌りそうです。さらに国内線・1時間半のフライトでアジア屈指のリゾートビーチ『プーケット』にいけるなど、移動手段によって半日でいける海やビーチは無限大です♪

 

今回は初めの方も不安なくいくことできる基本のものから、最近話題のビーチリゾートまで在タイがベテランの私の体験談を交え、本気でチョイスしてみました。

 

日程上、タイトなスケジュールになる方は仕方ありませんが、是非、一泊以上、無理なら朝陽や夕陽どちらかでも楽しんでいただきたいと思います!

 

かくいう私もタイの島に魅せられて移住を決めた口(#^^#) コロナの影響でリモートワークも根付いてきとのではないでしょうか? パソコン1台持って、世界の好きな場所で仕事するのはもうすぐそこまできたいるかも知れませんね♪

タイの常夏のビーチを横目に好きな音楽を聴きながら、ノマドワークは誰もが1度は憧れた環境(#^.^#)

 

今回はたくさんのタイの海の美しさを知っていただき、その魅力にとりつかれてタイに来て欲しいと思います!

 

 

<パタヤ ビーチ(Pattaya Beach)>

→家族・カップル・友達、誰と行くもよし!もちろん1人旅でも♪

世界の旅行客でいつも賑わうタイ近郊バンコクからも近く利便性抜群のビーチ!

 

バンコクから150キロ程、車で2時間というアクセスから観光客にも、すごく人気のビーチです。🚌でいけばたったの120Bくらい!

マスターカード(Mastercard)が昨年行った調査、「世界渡航先ランキング」でパタヤはなんと15位にノミネートされています!

世界200都市中ということなので、かなりの旅行客が訪れていることがわかりますね。

 

日帰りでも十分楽しめるビーチで、移動はバンコクからバス・タクシー等で簡単で楽チン♪バンコク在住ならふと朝方に目がさめてしまったら、『パタヤにでも行くか』とこんな発想もできます。朝出発なら昼前に着いて、マッサージやお昼ご飯♪そのあとはビーチでのんびりでも、カフェやビーチロード沿いのバービアで1杯でも♪

気分も良くなった夕方に🚌でバンコクに帰れば、20時、21時には到着します。翌日の仕事にも支障な安心♪

ある程度旅行慣れしている方なら、バスやバンで行くのもローカル気分で訪れるのも楽しいかもしれませんね

バンコクでもオプションツアーとしてもかなりの数が存在するので、着いてから申し込むのも良いでしょう。

 

さらに私のおすすめはバンコクからレンンタカーを借りるというプラン。

以前、家族連れの友人がパタヤビーチに行きたいというので、日本でも見かけたことのあるアップルレンタカーを利用したことがあります。ドライバー付き、8時間までで1万円程。4人で割れば2500円程。

事前に担当の方と細かくLINEを使って日本語で予定を伝えることができ、大変満足の観光スケジュールのようでした!

 

メインのパタヤビーチは海はあまり綺麗ではありませんが、ビーチ沿いの高級ホテル・オシャレなバー・開放的な空間がうりのレストランがずっと続く街並みに、南国のビーチリゾート気分を味合うことができます。

 

ビーチチェアを借りて、海を見ながらビールを飲みタイ料理を食べるだけでも十分思い出に残る旅になると思います!売り子が海老やらイカやらを売りに来ますので、そのまま購入♪ローカル感があり最高ですよ。

 

また、夜のパタヤは、ゴーゴーバーやクラブで彩られ、歓楽街らしいお祭りムードに包まれます。パタヤのウォーキングストリートは世界最大級の歓楽街ですね。最近は中国人が団体旅行でたくさん来てます。

お店に入らずとも、歩くだけでも十分楽しめます♪

 

パタヤビーチは一言で言えば「完成されたビーチリゾート」というところでしょうか。1ッ箇所集中型でとにかく便利!私もその便利さゆえにパタヤは常連をこえて、ファンなんです♪

バンコクからも近い分、思い付きのお出かけ、予定変更してお泊りなども簡単です。

 

ちなにみにパタヤに来たら私のおすすめ料理は、意外にインド料理♪本場の美味しさに、次はパタヤにカレーを食べに行くはずです笑

 

 

<続きは次回!>

前半終了です。いかがでしたか? 記事を読んでいるだけで行きたくなってしまいますね♪ 私も記事を書きながら『妄想の世界』に突入してしまいました(*’ω’*)

 

最後に当店クルーズレストランの紹介を少しさせてください。当店では、この記事のようにタイの情報をたくさん扱ってます。それは観光~ナイトライフまですべて♪

バンコクにお立ちよりの際は、ぜひ情報収集にいらしてくださいね!キンキンに冷えた生ビールやハイボールを昼間から提供できるのは当店だけ♪

参考記事→タニヤでおすすめの居酒屋は激安メニューが44品もあるクルーズレストラン。