【タイお役立ち情報】バンコク在住者が選ぶナイトマーケット⑤選

【バンコク在住者が選ぶバンコク・ナイトマーケット⑤選(ローカル・穴場スポットあり)】

 

【タイお役立ち情報】バンコク在住者が選ぶナイトマーケット⑤選

 

こんにちは

 

 

今日はこんな話題でいきましょう!

 

 

バンコク旅行での買い物といえば、欠かせないのがナイトマーケットですね♪

 

昔は観光客向けのところばかりが有名でしたが、最近では若いタイ人達も多く遊びにくる夜遊びスポットにもなっているところもあります。

ここ何年かで新しくできたものも多数あり、且つ似たような雰囲気のナイトマーケットもあるので、今回は在タイ長期在住者の目線で基本から穴場まで、おすすめの『ナイトマーケット』を特徴別にご紹介したいと思います!

ちょっとしたショッピングも良し、屋台で食べ歩きも良し、ひしめく小さなショップをひやかし程度に覗くだけでも十分に楽しめるスポットです。

 

まずは、楽しいナイト・マーケットをみる前に、注意点を確認していきましょう。ナイト・マーケットは人が多いので、スリなどの軽犯罪に巻き込まれる可能性もあります。私や友人ではそんな被害はあったことはないのですが、バンコクで日本食レストランを運営していると色々な情報が入っています。その情報を共有したいと思います。まずは以下が日本人観光客の方が被害にあわれた内容です。

・バッグの中から携帯電話をとられ、そのまま走って逃げられた。

・リュックをナイフで切られ、その中にあった財布を盗まれた。全く気付かなかった。

・パスポートをどこかのタイミングで盗まれた

と、これは実際に合った内容となります。

命あてのものですが、それでも大切な貴重品がなくなるとテンション落ちますよね? せっかくの楽しい海外旅行も台無しになってしまいます。ですので、人込みでは十分に注意する必要があります。

・貴重品は絶対に自分の見える前側にしまう。

・バッグなども後ろに人が立てる場合は、前に持ち変える

などのことが必要です。私は今でも、人込みはもちろん、バンコクのBTSに乗るときでもそうしてます。

上記のことはしっかり気を付けて、犯罪を寄せ付けないようにしてくださいね!

 

それでは、楽しいバンコクのナイト・マーケット情報を一緒にみていきましょう♪

 

では早速part③のスタートです。

参考記事→【タイお役立ち情報】バンコク在住者が選ぶナイトマーケット⑤選ppart①

part②→(no title)

 

⑥カオサンエリア・ナイトマーケット(Khaosan road)

→上級者さん向けナイトマーケット

 

最後にご紹介するのが、カオサンエリアのナイトマーケットです。

カオサンといえばディカプリオ主演の映画、「The Beach」でもお馴染みではないでしょうか?

 

バックパッカーの聖地と昔は言われていましたが、最近では道路が綺麗に舗装されるなどずいぶんと「らしさ」はなくなってしまったように感じられます。その分、オープンに開かれた雰囲気でタイ人達の夜遊びスポットなっています。

小さな裏路地をはいれば、そこはまだ安いゲストハウスが立ち並びディープな空間を感じることができます。

昼間であれば、カフェやバーでのんびりと過ごす旅行客が多く、ワット・プラケーオの観光帰りなどに寄るコースも良いでしょう。

 

カオサンエリアは夜中になるにつれだんだんと爆音の音楽が街を包み、一気に世界中の若者が集う夜の街になります。お酒も入り気も大きくなってしまいがちですが、そこは自己責任。知らない人にお酒を奢られるような場面では、特に注意してください。

 

残念ですが、何か薬物を混ぜられて金銭を巻き上げられるなどのケースも報告されています。あくまでも、ここは日本ではなく、海外にいるという認識を忘れないでくださいね♪

 

ここは中心地から離れているためタクシーの移動がメインになると思いますが、昼間であればチャオプラヤー エクスプレス ボート(Chao Phraya Express Boat)という公共のボートで行くのもおすすめ。

オシャレでセンスの良いショップも多く、シルバー製品や水着などは私もカオサンで購入しています(#^^#)

 

 

***************************************************

ナイトマーケットの中のタイらしい雰囲気の中では、やはりオススメなのがタイ料理♪

 

青パパイヤのサラダ、『ソムタム』はタイ料理の定番でタイ人も大好きなメニューです。紹介したナイトマーケットや道端の屋台でも簡単に食べることができますが、びっくりするほど辛いこともあり、食べ歩きしながら自分好みの店をみつけるのも楽しいものです。

 

塩漬けの発酵した沢蟹を一緒に潰しながら和えるソムタムプーが、タイ人には人気ですが、日本人にはシンプルなソムタム(タイ)が口に合うでしょう。

 

辛さを調節してほしい、屋台は衛生面は不安、日本で食べたようなソムタムが食べたいという方は、屋台ではありませんが日本人経営の『クルーズレストラン』、こちらのソムタムをおすすめしたいと思います。こちらはシーロムエリアに位置していて上記で紹介した『パッポン・ナイトマーケット』からも徒歩圏内♪

 

細切りされたパパイヤがなんとも上品な味を出してくれます。お皿の脇にさり気なく置かれた、カービングされた野菜のおもてなし感も◎

 

トラディショナルな部分も残しつつ、食べやすいようにアレンジされた味付けにきっと満足していただけると思います♪

 

以上です!

 

最後になりますが、ソムタムを紹介したクルーズレストランの参考情報をどうぞ。下記は日本食店舗の情報ですが、2階はクルーズレストランのタイ料理専門店です。

 

参考記事→タニヤでおすすめの居酒屋は激安メニューが44品もあるクルーズレストラン。