【タイお役立ち情報】プーケットで食べたいタイ南部料理⑤選!

【タイお役立ち情報】プーケットで食べたいタイ南部料理⑤選!

【タイお役立ち情報】プーケットで食べたいタイ南部料理⑤選!

 

 

こんにちは

 

今日はこんな話題でいきましょう!

 

プーケットは、実はビーチでのんびりするだけではなく、食べる楽しみもいっぱいあるんです♪

国内でも海外でも、『食べ物』って楽しみの1つですよね?

 

プーケットで食べるべき、現地のローカルフードって、何だと思いますか?(^-^)

プーケットがあるタイ南部の料理の特徴は、中国、イスラムの影響を受けた料理が多く、南部へ行くほどイスラム色が強くなり、マレーシア料理に近いものが増えてき ます。

そんないろいろな影響を受けている南部料理ですが、プーケットの街の市場や食堂で気軽に食べられる、そしてプーケットに来たらせっかくだから食べてほしい南部料理 5 つをご紹介いたします♪

①カオ・ヤム・・・ごはんのサラダ

②ミー・ホッケン・・・炒め煮麺

③カオ・モック・ガイ・・・鶏肉のせごはんカレー味

④ローティー・ゲーン・・・イスラム風クレープとカレー

⑤オーエオ・・・ゼリー入りのひんやり冷たいデザート

 

では、早速順番にご紹介します♪

<カオ・ヤム>

→青いマンゴー、もやしやインゲンの生野菜、炒ったココナッツ、干しエビ、コブミカ ンの葉、レモングラス、唐辛子、フルーツのソムオー(ポメロ)など、それから調味 料の“ナムブードゥー”、それにライムをかけて混ぜて食べるごはんのサラダです♪ この“ナムブードゥー”という調味料は、インドから影響を受けていると言われている、 魚を発酵させた調味料です。

最初はどんな味になるかわくわくしながら混ぜた記憶があります…。ごはんを鮮やか に青く色付けしているお店もあってびっくりしたことも…。 人にオススメされてやっと食べてみたタイ料理のひとつですが、今では私もぜひ皆さ んに「一度食べてみて!」とオススメしたい味です♪ さっぱりしているので女性に人気のお料理です。

市場、食堂で食べられます。

 

<ミー・ホッキアン>

→ちょっと焼きそばに似ている太目の麺と野菜、お好みでシーフードまたはお肉、たま ごを混ぜたプーケットスタイルの麺です。お店によってスープあり、なしスタイルも あったりします。昔、中国の福建省から入植した、スズ鉱山で働く中国人とともにプ ーケットに入ってきました。 シンプル!安い!辛くない!料理が食べたくなったときにぴったりです♪

メトロポール・ホテル向かいの食堂「ミートンポー(Mee Ton Poe)」が有名です。

 

<カオ・モック・ガイ>

→鶏肉、お米、スパイスを一緒に炊き込んだ、鶏肉のせごはんカレー味。タイ南部のイ スラム料理です。カレーピラフのようなごはんに、一緒に炊いた柔らかいチキンをの せて、その上に甘辛いタレをかけていただきます。

以前ウィークエンド・マーケットで日本人観光客が「おいしい~」とおしゃべりし ながら楽しそうに食べていたのをお見かけしたことがありますが、日本人の口にも合 う、食べやすいお味ではないかと思います。ボリュームがあるのでいっぱい食べたい ときや、辛くないタイ料理が食べたくなったらオススメですよ~!!

市場、食堂で食べられます。

 

<ローティー・ゲーン>

→軽くて、香りがよくサクサクのローティー(タイのクレープ)、それにタイのカレー をつけて食べる、イスラム風クレープとカレーです。カレーはマッサマン・カレーが よく合います!地元の人には朝ごはんメニューとして人気なので、朝早く行ったら地 元感も一緒に味わえますよ♪

ローティーはやっぱり甘いバナナやチョコで食べるのがいいでしょう?!とずっと思 いこんでいたので最初はなんとなく食べるのをためらっていましたが、食べてみると これが合う…目玉焼きをあわせて食べても相性抜群ですよ~。

オールドタウンの食堂「ローティー・テオ・ナーム(Roti Taew Nam) 」が有名です。

 

<オーエオ >

「プーケットの冷たいデザートは何ですか?」と尋ねられたら、このオーエオという 名前で知られるプーケットスタイルのゼリーのデザートを思い浮かべる在住者は多いかもしません?!

それほど長い間プーケットの地元の人々に人気のスイーツです。植 物の種子から作られたつるんとした食感のゼリーと氷またはカキ氷、シロップやソー ダ、ゆでた小豆または黒ゼリー、バナナをトッピングして食べます。

最近のおしゃれなカフェでは、ゼリーにアイスクリームやマンゴーなどのフルーツを 添えたりトッピングの選択肢は前よりも広がって、新しいトッピングも増えています。 涼しげで、さわやかですよ~♪ 暑いプーケットをいっぱい歩き回ったあとの、クールダウンにオススメです!!

オールドタウン、クラビー通りのタイフア博物館となりの「カフェ・イン(Café in)」がオススメです。

 

以上です。

いかがでしたでしょうか?

続きは次回に!

今回ご紹介したのは、バンコクタニヤ通りにあるクルーズレストランです。

もし近くにいらした際には、ぜひ、お立ち寄りくださいね!

コメントを残す