【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチ

【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチpart②

【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチ

 

こんにちは

 

今日はこんな話題でいきましょう!

 

 

プーケットは、2020年6月9日から、島民待望のすべてのビーチが再開し入場可能となりました!

早速、みんなで家の近くのビーチに行ってきましたが、平日にもかかわらず、遊びに来て いるローカルの人でいっぱい♪ みんな考えることは同じですね(^^)/

 

ビーチ沿いの屋台もほぼ復活していて、海を眺めながらのガイヤーン(タイの焼き鳥)とソムタム(タイの青パパイヤサラダ)、ローティ(タイのクレープ)を久しぶりに堪能 してきました。おいしかったです(^^♪

 

離島ツアーがいっぱい出ているプーケットですが、実は、プーケットの島には海岸線に沿 って30以上のビーチがあります。

 

ほとんどの人が滞在するのはレストラン、ショップ、そしてもちろんですがナイトライフも楽しめる西側のパトン、カタ、カロンのビーチですが、宿泊施設が少ない(ないビーチも)静かなビーチも含めてまとめてみました。それからビーチを楽しむための“新し いルール”もご紹介します!!

 

<目次>

①パトンビーチ

②カロンビーチ

③カタビーチ

④パラダイスビーチ

⑤フリーダムビーチ

⑥ナイハーンビーチ

⑦アオサンビーチ

⑧ヤヌイビーチ

⑨ラワイビーチ

⑩パンワ岬のビーチ

⑪カマラビーチ

⑫スリンビーチ

⑬レムシンビーチ

⑭バンタオビーチ

⑮バナナビーチ

⑯ナイトンビーチ

⑰ナイヤンビーチ

⑱マイカオビーチ

⑲まとめ

前回の記事を見てない方はこちらからどうぞ!

【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチpart①

 

では、早速part②スタートです!

 

⑦アオサンビーチ

→プーケット南部にあるナイハーンビーチの先にあるビーチ。シュノーケリングをする人 も。レストランがあります。

場所:アオサンビーチ

 

⑧ヤヌイビーチ

→『ウインドミルビューポイント』と夕日がとってもきれいな『プロンテップ岬』の間にある小さな湾のビーチ♪

シュノーケリングをする人もいますね!

場所:ヤヌイビーチ

 

⑨ラワイビーチ

→プーケット島の南端にあるラワイビーチは、海水浴向けのビーチではありませんが、ロ ーカル漁船のロングテールボートがずらっと停泊していて、タイの漁村のような雰囲気 なんです。

シーフードレストランは観光客でにぎわっていますね(^^♪

 

⑩パンワ岬のビーチ

→プーケット島東部の岬のビーチは、海水浴向けのビーチではありませんが、水族館付近のビー チロード沿いには露店屋台が並び、夕方になると海を見ながら食事をするローカルの人も多く、 のどかな雰囲気です。

 

⑪カマラビーチ

→パトンビーチから車で10分の西海岸のビーチ。パトンより静かにビーチで過ごしたい という人に向いています。有名なテーマパーク“プーケットファンタシー”があるのもこ のエリア。

 

⑫スリンビーチ

→スリンビーチの周辺は「ザ・スリン」「ツインパームス・プーケット」などの高級クラ スのホテルや豪邸もありますが、屋台や露店マッサージ屋さんもあったりと、のどかな ビーチです。

 

⑬レムシンビーチ

→プーケットの西海岸のカマラビーチとスリンビーチの間にあるビーチ。ジャングルに囲 まれているため、ややプライベートな雰囲気をかもしだしています。

西海岸の近隣の ビーチと違って静か。施設が少ないのでここで1日過ごしたい場合は、コンビニから 買って持っていくといいかもしれません。スリンビーチからロングテールボートで5 分ほどで往復約200バーツ。

場所:レムシンビーチ

 

⑭バンタオビーチ

→「アンサナ ラグーナ」「アウトリガーラグーナ プーケット」「バニヤンツリー・プー ケット」「ドゥシット・ラグーナ」などの大型ホテルが集まり、ゴルフ場、レストラン があるリゾートエリア“ラグーナプーケット”があることでも知られている、プーケット 西海岸のビーチです。パトンほどホテルも人も多くはなく静かなビーチです。

 

⑮バナナビーチ

→「トリサラ」から北に少しいったところにある小さなビーチ。海は透明度も高いです。 場所:バナナビーチ ※コーラル島のバナナビーチとは異なりますので注意!

 

 ⑯ナイトンビーチ

→白い砂浜がきれいな、高級リゾート「トリサラ」「プルマンプーケットアルカディアナイトン ビーチ」があるビーチ。ビーチ沿いには露店の屋台が出ています。

 

今回記事をご紹介しているのは、バンコクのタニヤ通りで、日本食&タイ料理レストランの運営をしているクルーズレストランです。

タイの情報はおまかせください♪

タイの最新情報を収集しながらも、お酒が飲めたりカフェスタイルのようにゆっくりできたりと、、、新しいタイプの店舗なんです♪ ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は、どうぞ!

 

参考記事→バンコクの日本食は高い!? 安くても高クオリティーの日本食居酒屋はクルーズレストラン