【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチ

【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチpart③

【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチ

 

こんにちは

 

今日はこんな話題でいきましょう!

 

 

プーケットは、2020年6月9日から、島民待望のすべてのビーチが再開し入場可能となりました!

早速、みんなで家の近くのビーチに行ってきましたが、平日にもかかわらず、遊びに来て いるローカルの人でいっぱい♪ みんな考えることは同じですね(^^)/

 

ビーチ沿いの屋台もほぼ復活していて、海を眺めながらのガイヤーン(タイの焼き鳥)とソムタム(タイの青パパイヤサラダ)、ローティ(タイのクレープ)を久しぶりに堪能 してきました。おいしかったです(^^♪

 

離島ツアーがいっぱい出ているプーケットですが、実は、プーケットの島には海岸線に沿 って30以上のビーチがあります。

 

ほとんどの人が滞在するのはレストラン、ショップ、そしてもちろんですがナイトライフも楽しめる西側のパトン、カタ、カロンのビーチですが、宿泊施設が少ない(ないビーチも)静かなビーチも含めてまとめてみました。それからビーチを楽しむための“新し いルール”もご紹介します!!

 

<目次>

①パトンビーチ

②カロンビーチ

③カタビーチ

④パラダイスビーチ

⑤フリーダムビーチ

⑥ナイハーンビーチ

⑦アオサンビーチ

⑧ヤヌイビーチ

⑨ラワイビーチ

⑩パンワ岬のビーチ

⑪カマラビーチ

⑫スリンビーチ

⑬レムシンビーチ

⑭バンタオビーチ

⑮バナナビーチ

⑯ナイトンビーチ

⑰ナイヤンビーチ

⑱マイカオビーチ

⑲ビーチを楽しむ為の新ルール

⑳まとめ

 

前回の記事を見てない方はこちらからどうぞ!

【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチpart①

【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチpart②

では、早速part③スタートです!

 

⑰ナイヤンビーチ

→ビーチに沿って植えられている巨大な松の木が印象的なビーチなんです(^^♪

空港からも近いプーケット北 部のビーチ。シリナット国立公園内にあります。地元の人にも人気があり、週末には多 くの地元の人々がここで家族とピクニックを楽しんでいます。 そんな地元民の休暇の過ごし方に触れるのも良い思い出になるのではないでしょうか(^^♪

 

⑱マイカオビーチ

→市街地から遠く離れますが、スリナット国立公園北部にあり、11キロとプー ケットで最も長いビーチ。トップクラスのホテル『JWマリオット』があります。

タイ の旧正月ソンクランの時期には、ウミガメの放流を行う「タートル・リリース・フェス ティバル」が開催されていることでも知られています。最近はナイヤンビーチとともに、 飛行機撮影ポイントとしても人気です。

 

<ここで余談>

ここまで記事をお読みになっていただきありがとうございます(^^♪ 今回は特別に『隠れタイトル』として、

観光にもビジネスにも今すぐ使えるマーケティングスキルをお教えしちゃいます♪

 

上記の⑱番のマイカオビーチには『JWマリオットホテル』があると説明しましたが、、、これがマーケティング上、大きなポイントになるんです♪

正確には『JWマリオットホテル』があることが重要なのではなく、大手がその場所を選んだことが重要になるわけですね。

 

では、早速。。。

 

まずは、、、

観光について

→例えば5つ星の大手ホテルチェーンなどは、その観光地にホテルを建設する前には、それはそれはもう莫大な金額を使いマーケティング調査を行うわけですね。この話を聞けばみなさんもすぐご納得されると思います。

マーケティング調査をして、その場所にホテルを建設するということは、その場所にはそれだけ観光客が集まる理由や要素があると判断して、ホテル建設をします。

今、私達一般観光客は、『ここに行きたい!』、『あれが観たい!』が先に来て、その後にホテルはどうしようか、、、観光場所に近いエリアや交通の便が良いホテル選びをすると思います。

もし旅慣れたお客様でしたら、この順序を反対にするのも楽しい発見があるかも知れませんね♪

大手有名ホテルチェーンがある→その周辺には、どんな観光ができるのか? なんて発想もご機会がありましたら、ぜひご活用してみてくださいね!

 

ビジネスについて

→これも基本的な考え方も『大手ホテルチェーン』の立地の考え方と同じです。もしお客様が飲食店を開業すると考えている場合は、大手飲食チェーン店など有名店が出店している半径50m以内。ここら辺がオススメになります。もちろん一重にこうすれば間違いないとは言えません(業態や雰囲気などにも左右されますね)。

ですが、個人や中小企業の会社は、そんなマーケティングに何千万もお金をかけることはできませんね(>_<)

だから『パクる』んです♪ 『徹底的にパクる』んです!

これをTTP戦略と言いますね。

こんな感じで、『ビジネス』や『観光』を考えてみてはいかがでしょうか(^^♪

 

TTP戦略といいますね。徹底的にパクる、の頭文字をとってTTPですね!

 

今回はここまで!

<続きは次回!>

次回は最終章です♪ プーケットのビーチでは、新型コロナウィルス後の『新ルール』があります!要チェックです!

 

今回記事のご紹介は、

今回記事をご紹介しているのは、バンコクのタニヤ通りで、日本食&タイ料理レストランの運営をしているクルーズレストランです。

タイの情報はおまかせください♪ タイの最新情報を収集しながらも、お酒が飲めたりカフェスタイルのようにゆっくりできたりと、、、新しいタイプの店舗なんです♪ ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は、どうぞ!

 

参考記事→バンコクのタニヤ通りで、美味しい牛ユッケ♥を食べる理由5選!