【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチ

【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチ

【タイお役立ち情報】プーケットビーチと新ルールと島の楽園ビーチ

 

こんにちは

 

今日はこんな話題でいきましょう!

 

 

プーケットは、2020年6月9日から、島民待望のすべてのビーチが再開し入場可能となりました!

早速、みんなで家の近くのビーチに行ってきましたが、平日にもかかわらず、遊びに来て いるローカルの人でいっぱい♪ みんな考えることは同じですね(^^)/

 

ビーチ沿いの屋台もほぼ復活していて、海を眺めながらのガイヤーン(タイの焼き鳥)とソムタム(タイの青パパイヤサラダ)、ローティ(タイのクレープ)を久しぶりに堪能 してきました。おいしかったです(^^♪

 

離島ツアーがいっぱい出ているプーケットですが、実は、プーケットの島には海岸線に沿 って30以上のビーチがあります。

 

ほとんどの人が滞在するのはレストラン、ショップ、そしてもちろんですがナイトライフも楽しめる西側のパトン、カタ、カロンのビーチですが、宿泊施設が少ない(ないビーチも)静かなビーチも含めてまとめてみました。それからビーチを楽しむための“新し いルール”もご紹介します!!

<目次>

①パトンビーチ

②カロンビーチ

③カタビーチ

④パラダイスビーチ

⑤フリーダムビーチ

⑥ナイハーンビーチ

⑦アオサンビーチ

⑧ヤヌイビーチ

⑨ラワイビーチ

⑩パンワ岬のビーチ

⑪カマラビーチ

⑫スリンビーチ

⑬レムシンビーチ

⑭バンタオビーチ

⑮バナナビーチ

⑯ナイトンビーチ

⑰ナイヤンビーチ

⑱マイカオビーチ

⑲まとめ

 

では、早速スタートです!

 

①パトンビーチ

→カップル、家族、シングル、新婚旅行、パーティー好き向けとプーケットで最もにぎや かで、観光客が多いエリアです。昼間はビーチやショッピング、夜はプーケットいちの繁 華街で一日中楽しめます。3キロ続くビーチは、おみやげ、食べものを売る売り子さんが行きかい、パラセーリングやマッサージが楽しめます。 まさに、アジアの雑多なリゾートの雰囲気が楽しめるビーチです♪

 

②カロンビーチ

→パトンから車で10分くらい。長く伸びた海岸線がどこまでも続くビーチはほんとうにき れいなんです♪ 昔から、欧米の長期滞在者も多く、パトンのように大きなお店はありませんが、 おみやげ屋さんやレストラン、バーもあり、人が多いところは避けたいけれど、ほどよく 便利な滞在をしたい、のんびりビーチで過ごしたい人向けです。砂を踏みしめるとキュッ キュッと鳴る「鳴き砂」が楽しいビーチで有名です♪

 

③カタビーチ カタ

→カロン近くのビーチですが、パトンみたいに人が多いところは避けたいけれど、カ ロンよりはにぎやかなところがいいという人にオススメです。

もともとヨーロッパ系の旅 行者が多かったこともあり、ほかの2つのビーチに比べると旅行者もビーチも洗練されて いる印象です。おみやげ屋さん、レストラン、カフェ、ホテルがある小さい繁華街があり 海はダイビングやシュノーケリングも楽しめます。

 

④パラダイスビーチ

→日中は海で遊んで、夜はパーティで盛り上がれるパトン湾エリアにあるビーチです。ビ ーチベット、パラソル、マリンスポーツレンタル、レストランなどのビーチで過ごすの に便利な施設が整ったビーチクラブとなっていて、 宿泊施設の「パラダイスビーチ・ バックパッカーズ ・ホステル」もあります。

フルムーンパーティーも開催されています。 パトン中心から車で数分、パトンビーチからフリーのシャトルバスが出ています。 パーティーのスケジュール、シャトルバスの詳細、入場料、ビーチベットなどの各使用 料金はフェイスブック、ホームページでで確認してくださいね。

フェイスブック:https://www.facebook.com/ParadiseBeachPhuket/

公式ホームページ:https://paradisebeachphuket.com/

 

⑤フリーダムビーチ

→島で一番賑やかなパトンビーチからボートで数分で行けるビーチ。パトンビーチよりきれ いということで、観光客にも人気で多くの人が訪れています。 ハイシーズンにパトンビーチ南からロングテールボートで行くことができます。

ボートス タッフによりますが、往復1ボート1200-1500バーツ、人数によりまた変わって きます。

場所:フリーダムビーチ

 

⑥ナイハーンビーチ プーケット

→南部にある外国人や、ローカルの人にも人気のビーチ♪ ホテル、必要最低限 の食堂、ショップがありますが、パトン、カタ、カロンの西海岸のビーチに比べて派手 なお店はありません。でも、自然も手つかずのまま残されていて昔ながらののんびりし た雰囲気なので、静かなビーチリゾート滞在を楽しみたい人にはおススメです!!

 

今回はここまで!

<続きは次回>

次回は、アオサンビーチから引き続きスタートです!

 

今回記事をご紹介しているのは、バンコクのタニヤ通りで、日本食&タイ料理レストランの運営をしているクルーズレストランです。

タイの情報はおまかせください♪

タイの最新情報を収集しながらも、お酒が飲めたりカフェスタイルのようにゆっくりできたりと、、、新しいタイプの店舗なんです♪

ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は、どうぞ!

参考記事→タニヤでおすすめの居酒屋は激安メニューが44品もあるクルーズレストラン。