【タイお役立ち情報】必見の都市!チェンマイとは!?

【タイお役立ち情報】必見の都市!チェンマイとは!?

【タイお役立ち情報】必見の都市!チェンマイとは!?

 

こんにちは

 

今日は、こんな話題でいきましょう!

 

<チェンマイとはどんなところ?>

→『チェンマイ』って聞いたことがある人はたくさんいると思いますが、皆さんはチェンマイがタイのどこにあるか知っていますか?チェンマイはタイの北に位置し、タイ北部最大の都市なんです。『北方のバラ』と呼ばれる美しい古都チェンマイは、四方を山々で囲まれた大自然豊富な素敵なところです♪

 

タイで有名なバンコクやプーケットとは全く異なる雰囲気を持っていて、ここは本当にバンコクと同じ国なのか?と、錯覚を起こすこともあります(笑) また、チェンマイは自然が豊かなだけではなく、中心地には城郭が残る旧市街地があり、歴史と伝統を受け継ぐ街並みがさらに異国感を感じさせてくれます。

市街にはおしゃれなカフェやレストランもたくさんあり、伝統的なタイのお土産ショップやタイレストラン、屋台、また大きなマーケットもたくさんあるので街の中を散歩するだけでもワクワクと楽しい時間を過ごすことができます。

タイならではのあるあるですが、マーケットの中にムエタイスタジアムがあり、毎晩リアルタイムでムエタイファイトを観戦することができます♪

バンコクにあるルンピニースタジアムやラジャダムナンスタジアムが有名ですが観戦料も高いので、ちょっと気軽に観てみたい方にはちょうど良く、ムエタイ本場の臨場感を味わえます。チェンマイにもムエタイジムはたくさんありますので、一回限りの体験もできますよ。

 

<チェンマイの驚くべき気候>

→そんなチェンマイですが、なんとチェンマイには冬と呼べる冬が12月ごろから感じることができます。タイと言えば、一年中暑いと思っている方も多いと思います。私も、チェンマイに住むまではジャケットを着るなんて、と想像できませんでした(;^ω^)

乾季が始まる11月ごろから少しずつ気温が下がって行きます。朝と晩は冷え込み10度を切ることもしばしばあります。ですが、日中は30度前後まで暑くなります。すごく気温差が大きいんです。。。とても不思議な気候ですが、朝晩が寒くなるだけでも、季節を感じることができます。

タイの人々はバイクに乗るとき、中綿のアウターや、厚手のコート、中にはダウンジャケットを着ている人も多くいます。それにマフラーやストールといった防寒具もあると安心です。私もその一人です。しかし日中は暑いので半袖か薄手のシャツで過ごす人が多くいるように感じます。

 

この乾季の間はほぼ雨が降ることはありません。ですので、とても過ごしやすいです。エアコンも要らないので電気代もかかりません。この乾季は2月ごろまで続きます。しかし、3月ごろから暑季に入ってきます。特に4月と5月は『猛暑季』といい、35度以上あります。朝も夜もなかなか涼しくなりません。

日本の7月と8月のような感じですね。そして5月の中頃から『雨季』に入ります。気温も30度から35度前後となります。何度も言いますが、チェンマイは冬を感じることができ、過ごしやすく、素敵な場所です。

そんなチェンマイにも1つだけ残念なポイントもあるんです。。。それは『煙害・ヘイズ』です。

2月下旬あたりから3月中旬がピークで4月には収まります。『煙害』とは、野焼き(落ち葉やゴミなどを燃やした煙)、ディーゼルガソリンを使用している車やバイクの排気ガス、そして産業施設からの有毒物質の放出などによるものと言われていて、酷い日には焦げた匂いがし、太陽が見えないほどの灰色の厚いモヤが上空を覆います(>_<)

そしてその煙で目や鼻、喉などの粘膜を刺激し、目や皮膚が痒くなったり喉がイガイガしたり、またはめまいや吐き気を伴うこともあるようです。。。ですので、この時期のチェンマイではマスクをつけている人が沢山います。この情報記事を作成しているのは、私達クルーズレストランの日本人です。『タイお役立ち情報』なので、このようなことも、知っていただけたらと思います(^’^)

 

少し気分が下がったところですが、良い情報もたくさんあります。チェンマイは北部最大の都市で、観光で訪れる方、チェンマイに住む外国人の方、たくさんいますが物価は安い方です!街中の屋台、レストランでもバンコクやプーケットと比べるとその差は歴然!全てにおいて安いと思います。

 

屋台のソムタム(パパイヤサラダ)バンコク、プーケットは40~50Bがチェンマイでは30~40B(屋台なので、衛生的に気になる方はご利用をお控えくださいね)中心地を離れるとローカルのお店ではもっと安いところもあったります。

 

<住居について>

→また長期滞在者の方、アパートやマンションの家賃も安いです。1ヶ月の旅行の方でも、料理ができたり普段の生活スタイルに近いアパートやコンドーミニアムもマンスリーで借りることも手軽にできておすすめです。

場所によっては、1週間の滞在でも1ヶ月の滞在費を払ってでもホテルより安く、快適なアパート、ゲストハウスで滞在する方はいます。こういうのを利用するのも楽しいのではないでしょうか。

 

今回は『チェンマイってどんなところ??』として、話してきましたが、正直これだけでは話しきれません。タイ人の人懐っこいところ、タイ料理のこと、観光のこと、次回以降に裏も表も話していけたらと思います♪

 

***************************************************

今日のタイ料理 『ムーガタ』

 

みなさん、『ムーガタ』というタイ料理を知っていますか?

ムーガタとはタイ風焼肉で、しゃぶしゃぶと焼肉を合わせた物です。特殊な鍋に焼肉ができるスペースと鍋ができるスペースがあり、一度に焼肉としゃぶしゃぶができる素敵な料理です。『ムー』とは、タイ語で豚肉を指します。ですので、メインは豚肉の焼肉、しゃぶしゃぶになりますが、鶏肉や牛肉、シーフードも食べることができます。あと野菜や豆腐、麺類も入れます。タレも何種類かあり、好みのタレを選ぶことができます。タイなので、辛いタレが多いですが、甘いタレもあります。ムーガタは友達や家族とワイワイ食べるのが定番でタイではとてもポピュラーな料理です。日本人のお口にも合うこと間違いありません!

 

そんなムーガタは、当店クルーズレストランでは『スーパームーガタ』としてメニューに登場です!黄金に輝くムーガタ鍋で食べれば、ご利益がありそうですね♪

 

クルーズレストランでは、他にも日本食がいっぱい!

参考記事→バンコクの日本食は高い!? 安くても高クオリティーの日本食居酒屋はクルーズレストラン