【タイお役立ち情報】 物価安く食べ物が旨いプーケットでお部屋探し

【タイお役立ち情報。 物価安く食べ物が旨いプーケットでお部屋探し】

【タイお役立ち情報】 物価安く食べ物が旨いプーケットでお部屋探し

 

こんにちは

 

今日はこんな話題でいきましょう!

 

 

当店クルーズレストランの店長は、日本在住のみなさんの海外進出推進派!です。

さて、みなさん、『プーケットに住んでみたいなぁ、、、』とか『どんな家が借りられるのかなぁ』などなど、、、

仕事で滞在する人、リタイヤしてロングステイしたい人、ノマドの人、または旅行よりも長 く、でもロングステイとまではいかない1か月くらい住んでみたい!という人まで、プーケ ットのお部屋探しのポイントを在住者がご紹介します! もう日本の真冬って、一言でいうと『地獄』じゃないですか。。。もう寒すぎですし、、、満員電車ですし。。。春夏秋冬の日本の食べ物は、めちゃめちゃ好きなんですけどね。。。

 

私もプーケット移住計画をそろそろ、、、いや、私はパタヤ派かな。。。笑 やっぱ将来はリゾートでのんびりがいいですよね~! 今日はプーケット調査です!必見です!

 

目次

①住むエリアについて

②プーケットで部屋を借りた経験からの部屋探し方法

③賃貸の種類と特徴

④賃貸料金

⑤ プーケットお部屋情報

では、早速いきましょう♪ part②のスタートです。

part①はこちら→【タイお役立ち情報】 物価安く食べ物が旨いプーケットでお部屋探し

 

②プーケットで部屋を借りた経験からの部屋探し方法

→ホテル滞在は、タイ語はまったく話せず、まだ親しい人もいないなか、何かあれば、ホテルスタッフに片言の英語でも通じる安心感もあったので、今考えてみても最初の長 期滞在がホテルで慣れるのもオススメだと思います。

何より、ホテルに戻ったときに誰かがいて声 をかけてくれるというのは精神的にも良かったかも(^^♪

これはあくまでコミュニケーシ ョン能力のなかった私の場合ですが、いきなり一軒家を探すというのはハードルが高 くて怖かったんですよね。

 

そんな感じで私のプーケット長期滞在はホテルから始まりましたが、慣れてきたり、 親しい友人ができれば、そこから情報をもらったり、良さそうな場所を歩いて探すのがオススメ! 賃貸は簡単に見つかります。家の前に英語かタイ語で『FOR RENT』との文字と大家 屋さんの電話番号の看板がついているので賃貸かどうかはすぐ分かります。

気に入ったところがあれば電話をして、家を見せてもらい、詳しい契約内容の話にな りますが、自力でできるようであれば頑張ってみてください。

できれば最初は友人に お願いして、一緒に探すのを手伝ってもらうのも安心ですね。

 

それから物件の室内チェックも大事ですが、近くには自分に必要な条件がそろっているか、例えば買い物に困らないようにスーパーやコンビニエンスストアはあるか、食堂はあるかなど、何が周辺にあるかも大事ですよね。

プーケットは交通事情が不便です。バンコクや東京のように交通が便利なところと比べると、島は公共のバスがあっ ても本数も少なく、路線が少ないので使い勝手がいいとは言えません。車かバイクが ないとなかなか外に出るのも億劫です。

バイクタクシーはバンコクほどではなくても 一応ありますが、毎日使っていると結構な出費です。以前免許を持っていなかったと きは、毎日往復200バーツくらいかけて買い物に行っていました。バイクがあれば、 ガソリン代1か月200バーツくらいですむので、結構違ってきますよね。

 

③賃貸の種類と特徴 ■

→アパートメントアパートは、もともと賃貸が目的に建てられているので、管理事務所に営業時間内に行 けば空室情報もすぐ教えてくれます。また部屋もすぐに見せてくれます。

コンドミニアムは購入したオーナー個人、もしくは会社がその部屋を単体で貸してい ます。英語が分かり、外国人に貸すオーナーも多く、住む外国人も多いです。情報サイトで探すことが多いかも知れません。

 

一軒家 プーケットの1軒家は完全に独立して立っている一軒家か 、1軒の家を半分に割った 左右対称の2軒続きの家、またはプーケットで多く見かける5、6軒続きの隣の家と 壁がつながっているタウンハウスがあります。タウンハウスは共用の公園やプールが あったり、管理組合があったりします。

ホテルは、長期で借りると値段も安くなることも♪ 掃除などのホテルのサービスが受けられます。

 

ヴィラは、 敷地内に戸建の棟が立ち並んでいて、その1棟ずつがそれぞれお部屋となっているのが 『ヴィラ』。高級なものではスリン地区、最近は東海岸のほうにも多く建っています。 それなりのレンタル料金ですが、別荘感覚で住むのに最適です♪

検索するといろんな 情報サイトが出てきます。最近は手ごろなヴィラを友人や家族などの大人数でレンタ ルする人も増えてきました。

 

住んでから、『しまった!!』とならないように、しっかりと家のチェックはしたほうがい いですが、家の備品のこと、家具、エアコン付きか、水周り、水は出るのか、排水は ちゃんとしているか、設備Wi-Fiはあるかどうか、その場ではいきなり思いつかない かもしれないので、できればメモを持っていくといいですね。

 

昼は静かでも、夜になるとそれまで働いていた人たちが帰ってきて思っていたよりに ぎやかだった…なんてこともあるかもしれないので、できればそれも確認できたらい いかもしれません。

 

<続きは次回>

次回は気になる『お値段』の話。固定費が高いのは自分自身の『経営』が大変になります。しっかりみていきましょう!