【タイお役立つ情報】もう常識?チェンマイ生活

【タイお役立つ情報】もう常識?チェンマイ生活part③

【タイお役立つ情報】人気急上昇!チェンマイの生活とは!?

 

こんにちは

 

 

今日はこんな話題でいきましょう!

これさえ見れば、あなたも10分後にはチェンマイ博士!?

 

<目次>

①チェンマイ市内の雰囲気・・・・・タイと言えば常夏リゾートを想像すると思いますが、北側では『日本の昔』を思わせる田舎風景が広がります。

②チェンマイのお買い物情報・・・・・さて首都バンコク、リゾートのプーケット、自然広がる山岳地帯のチェンマイ。どこが1番お得?

③チェンマイの住宅情報・・・・・チェンマイで夢の新築一軒家を購入!? 価格は?

④チェンマイの交通事情・・・・・国際免許があれば便利?

 

前回と前々回の記事はこちら

参考記事→【タイお役立つ情報】もう常識?在住者が語るチェンマイ生活part①

参考記事→【タイお役立つ情報】もう常識?在住者が語るチェンマイ生活part②

 

 

それでは早速part③スタートです!

 

<チェンマイの交通事情>

→チェンマイでは、トゥクトゥクやソンテウが多く走っています。バイクタクシーやGrabBike,GrabCar(グラブバイク,グラブカー)という、Grabのアプリで配車をし、利用するというものもあります。特にこの配車アプリは旅行者に人気がありますね!

前もって料金がわかりますし、ドライバー情報もわかるため、ボッタクリやトラブルに合う回数は軽減されると思います。チェンマイで暮らしている人は車やバイクが主な交通手段ですので、中心市に来るにつれ、渋滞が多くなります。タイは日本と同じで車、バイクは左側走行なので運転もしやすいです。

もちろん看板はタイ語か英語表記になります(;^ω^)

 

レンタカーやレンタルバイクは町の中なら比較的多くありますが、郊外へ行くにつれて、探すのが大変になって来るのではないかと思います。タイで車を運転するときは、もちろん国際免許証が必要ですので、乗ることが想定される方は事前に日本で取得してきてくださいね。

 

また、バイクを乗るときは、普通二輪免許の国際免許が必要です。日本とは違い、普通自動車運転免許だけではスクーターでもタイは乗ることができないんです(>_<)

チェンマイでは結構、検問をやっているので、免許不携帯だと罰金を払うことになります💦

私は何度も何度も検問にあっています。その都度パスポートと国際免許証を見せるのですが、警察官の人たちは、(親指をあげて)Goodのポーズをとってくれます(;^ω^)

気をつけることは、当たり前ですがヘルメットをかぶることです。また、日本でいう車検が切れていないか?というのにも気をつけてくださいね。その検問では特に車が厳しく取り締まりされているようです。

タイのドライバーは日本よりも強引なのが多いのですが、、、チェンマイはタイの他の地方より安全運転をしている人が多くいるように感じます。道を譲ってくれる人も沢山います♪

 

これはチェンマイという土地柄ならではないかと思います。ですが、交通事故のそれなりにあります。よく見ると、外国人の事故も多いようです。交通ルールが全て一緒ではないので、事前に確認して安全運転に努めたいですね。

と言っても突っ込まれたらどうにもなりませんが。。。こればかりは神のみ知ることですね。

 

チェンマイ情報は以上です。続いて、、、

 

***************************************************

 

今日のタイ料理『ソムタム』

 

タイ料理が好きな方なら知っている方も多いと思います♪

ソムタムとは日本語で『パパイヤサラダ』です。熟したオレンジ色のパパイヤではなく、青いパパイヤを使ったタイのサラダですね。

削ぎ切りのように細く切ったパパイヤに人参やトマト、インゲンなどを専用の鉢に入れ、ニンニクや唐辛子を棒で叩きながら混ぜ合わせていきます。味はナンプラーやライム、砂糖を加え最後に好みでピーナッツや干し海老を入れます。

ソムタムにも種類が沢山あり上記の材料で作ったソムタムを『ソムタムタイ/タムタイ』と言います。味は甘辛しょっぱいです。

ソムタムプーというソムタムには、小さなカニを発酵させたものが入っており、これは塩辛い感じがしますし、プラーラートいうナンプラーを作る際の沈殿物が入っているので匂いも強いです(>_<)

最初は驚きますが、後から癖になってきますよ♪ ソムタムは青パパイヤで作ったものが多いですが、パパイヤの代わりに、熟す前の青いマンゴーやキュウリのソムタムもあります。

どれも辛さを調節することができますので、レストランでオーダーするときは、チリを少なくしてほしいと伝えたら良いと思います。何も言わないと現地人仕様のとても辛いソムタムが出て来ることが多々あります(;’∀’)

私はいつもソムタムと一緒に注文するのはガイヤーン(タレに漬け込んだ鶏肉を炭火で焼いたもの)やムーヤーン(ガイヤーンの豚肉バージョン)、そしてカオニャオ(もち米を蒸したもの、日本のおこわのようなもの)を食べることが多いですね、とても美味しいですし(*´ω`*)、タイの定番料理ですので、ぜひ本場で食べてください。

お店によって材料や、味付けの仕方が違うのでお気に入りのお店を見つけるのもオススメ!

簡単にも作れるので自分で作ってみるのもいいかも? チェンマイの屋台の相場は30バーツから40バーツです。レストランになると50、60バーツくらいからではないでしょうか。私は干し海老が沢山入っている、少し甘めのソムタムが好きですね♪

 

はい、今回は以上になります。

今の時代は個人で仕事をして生きる時代です。ノートパソコン1つ。スマホ1つあれば、どこでも仕事ができますね。今回のコロナでリモートワークも少しは浸透したのではないでしょうか?

同じ仕事をするのなら、日本人にも住みやすい南国タイはいかが?

興味がありましたら、1度当店でお会いしましょう♪ 記事にはしていない耳より情報も多数ご用意しておきますね!

冷たいアイスコーヒーでも飲みながらタイ移住の夢を語りませんか(^^♪

参考記事→タニヤでおすすめの居酒屋は激安メニューが44品もあるクルーズレストラン。