【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(チェンライ編)

【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(チェンライ編)Part②

タイ 移住,海外 移住,バンコク 移住,パタヤ 移住,プーケット 移住 

こんにちは

 

今回は、チェンライ移住計画です!こちらの情報を参考に、より良い人生の選択にお役立てください!

なぜ今、移住先に東南アジアの中でも、タイが選ばれるのか? 日本よりも住みやすく、物価水準も安いので、大幅に生活水準を上げることができるんです。しかも日本人も多く、日本人向けの店がたくさんあるので困ることはないでしょう。私は日本、ニュージーランドのウェリントン、シンガポール、台湾の台北、タイの5か国で生活したことがありますが、タイは1番住み心地が良いです♪

今回ご紹介する『チェンライ』は、良く『チェンマイ』と間違われる方も、いらっしゃると思います。私もタイをあまり知らない頃は、チェンライは知りませんでした。

この『チェンライ』は、日本の田舎っぽいところがあって、タイらしい昔ながらのタイ!がまだまだそのまま残っている場所なんです♪

ぜひ、日本人の観光客のみなさんには、一度は行ってもらいたい場所です!また、のんびりとした環境は、移住先には最高の場所だと思います。

では、早速、、、今回は1番大事な『治安』の部分からですね!まだpart①の記事を見てない方はこちらからどうぞ!

参考記事→【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(チェンライ編)part①

 

【タイ王国、チェンライに移住するメリット】

<治安について>

→治安は、とても良いとこだと聞きます。日本でも田舎いくと、やさしい人多いじゃないですか。そんなイメージでしょうか。知人の周りでもとくに危ない目にあった人はいないようですね。

また、インターネットの口コミ等の書き込みでも、トラブルなどの記事もなく、タイの中でも住みやすい場所だと言えますね♪

しかし、まだまだ裕福な場所までは発展はしていない所も一方ではあります。そのため、タイの何処にいても同じ事かもしれませんが、『お金』には気をつけて身につけてください。

例えお金をたくさん持っていても、タイ人にたくさんご馳走したりすると、たくさん持っていると思われ、犯罪を誘発する可能性もあります。基本は質素な感じで、お金はあまりないふりをしている方が身の安全です。スリなどもないとは言えないので注意してください。

そして最後に、自らが犯罪の加害者にはならないことはもちろん、危なそうな場所には行かないことが大切です。最近、タイをはじめ、東南アジアでも残念ながら日本人が起こす犯罪もあります。私達が今普通に使えている『JAPANパスポート』は、昔の日本人が作った『信用』です。これを壊さないようにしていきたいものですね!

忘れてはいけないのは、『ここは日本ではない』ということですね。

 

<物件について>

→チェンライには、安心して利用できる、ホテル、コンドミニアム、アパートなど沢山あります。家賃は、場所や部屋のタイプにより様々ではありますが、2000Bから5000Bです。バンコクと比べると、とても安いです。

・サービスアパートメント・ホテル長期滞在→月5000B前後~。

・ローカルアパート物件→2ベートルームで、2000B前後~。

ミャンマーとラオスの国境とも接しているチェンライは、経済も伸びている中、コンドミニアムも増えていますちょっと長いしたい人向けに、1ヶ月や2ヶ月契約も可能なんです♪

私の知人は、街からすぐの場所で、月に4000Bのところに1ヶ月滞在していたそうです。室内も綺麗で、1ベッドルームのスタジオタイプでしたが、セキュリティもしっかりしていました。ベッド、冷蔵庫、テレビなどはじめから家具も揃っていました(海外では普通です)。ベランダも広くてゆったりできました。

また、すぐ近くには、屋台並んでいて30B~40Bで食べる事が出来き、便利でした。

 

<公共機関について>

→バンコクからは、ハイウェイバス。また飛行機もチェンライ空港まで出ています。空港から市内へ行くためのバスは20Bで移動出来ます。30分から40分くらいで市内につきます。時間も30分おきに出発しているので、不便はありません。

市内は、part①の記事でも書いたように、小さい街ですので、コンパクトで歩いても移動ができます。

ただ観光用に、遺跡などに行くにはとても離れていますので、タクシーやGRABタクシーなどのアプリを使うのもオススメです!

GRABは、日本ではまだタクシー業界の反発から、あまり浸透していないと聞きましたが、タイではスタンダードになってます。行き先も間違う事なく、自分のいる場所に迎えに来てくれますし、値段もあらかじめ確認できて、予約できます。

その他には、トゥクトゥクや乗り合いのソンテウも走っています。

 

今回はここまでです♪ いかがでしょうか? 治安もいいし、日本食もあります♪ 自然もあります♪ しかし老後の慰安所利用でないかぎり、『遊び場』も気になるところです!

次回は、チェンライの『娯楽・レジャー』について説明したいと思います♪

 

<次回へ続く・・・>

コメントを残す