【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(チェンライ編)

【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(チェンライ編)Part③

タイ 移住,海外 移住,バンコク 移住,パタヤ 移住,プーケット 移住 

こんにちは

 

今回は、チェンライ移住計画です!こちらの情報を参考に、より良い人生の選択にお役立てください!

なぜ今、移住先に東南アジアの中でも、タイが選ばれるのか? 日本よりも住みやすく、物価水準も安いので、大幅に生活水準を上げることができるんです。しかも日本人も多く、日本人向けの店がたくさんあるので困ることはないでしょう。私は日本、ニュージーランドのウェリントン、シンガポール、台湾の台北、タイの5か国で生活したことがありますが、タイは1番住み心地が良いです♪

今回ご紹介する『チェンライ』は、良く『チェンマイ』と間違われる方も、いらっしゃると思います。私もタイをあまり知らない頃は、チェンライは知りませんでした。

この『チェンライ』は、日本の田舎っぽいところがあって、タイらしい昔ながらのタイ!がまだまだそのまま残っている場所なんです♪

ぜひ、日本人の観光客のみなさんには、一度は行ってもらいたい場所です!また、のんびりとした環境は、移住先には最高の場所だと思います。

今回はここまでです♪ いかがでしょうか? 治安もいいし、日本食もあります♪ 自然もあります♪ しかし老後の慰安所利用でないかぎり、『遊び場』も気になるところです!

では、早速、、、

参考記事→【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(チェンライ編)part①

参考記事→【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(チェンライ編)part②

【タイ王国、チェンライに移住するメリット】

<娯楽、レジャーについて>

チェンライ市内にタイのショッピングセンターの『セントラルプラザ』があるので、買い物も困ることなく楽しむ事ができます。その中にも、日本食レストランもいくつか入っています。焼き肉を食べた覚えたがあります。タイは結構≒肉屋さんも多いのが嬉しいですね!

 

屋台も多く、ナイトバザールが19時から24時まで毎日開催されています。タイ料理屋台はもちろん、ステージもあり舞踊などを見ることができます。毎日がお祭りで楽しめます。

うまく日本食とタイ屋台の2つを使い分けると、資金的にも楽になります。ちょっとつまみ乍らお酒を飲むのでしたら、屋台で十分です♪

その他にもミュージックバー、映画館、さらにチェンライには、『天然温泉』のテーマパークなんてものもあるんです!気温がちょっと低くなった時に温泉♪ 『幸せや~(#^.^#)』場所は、市内中心からタクシーで、約30分くらいのところに、『パートゥン温泉』があります。以前もチェンライ観光の記事でご紹介したかも、、、です!格安の100Bくらいです。山々を歩き、壮大な景色で温泉は最高ですよね!今は特に新型コロナウィルスの影響でバンコクは温泉施設はもちろんマッサージ屋さんも閉まってますから、、、(;^ω^)

また、チェンライには、生のシンハービールが飲める、シンハーパークも有名です。温泉後の立ち寄りたいです笑

 

<VISAについて>

→VISAは、バンコク等と同じで、タイは旅行者は、

・VISA無しで30日間の滞在。

・現地にて延長料金1900Bイミグレに支払えば、30日の延長申請が出来ます。

60日以上滞在する場合には、なにかしらのVISAを取得する必要はあります。観光ビザを日本で取得でしたら、最大で延長も合わせて90日間の滞在が可能になります。

それ以上でしたら、語学学校などの学校に通い、学生ビザを取得したりと値段や期間に応じて様々なビザがあります。VISAについても、随所詳細も更新されていますので、取得可能なビザを調べて見てください。

 

 

<医療機関について>

チェンライには、3つの有名な病院があり、医療設備も問題なく揃っています。

・チェンライ.プラチャヌクロ病院

・オーバーブルック病院

・カセルラート シーグリン病院

特に、カセルラート病院はバンコクに本部を持ち、日本人への対応が良いと評判です。

 

<マナーについて>

公衆の面前で小便をしたり、路上に唾をはくような観光客が増えています。

エチケット、マナーもしっかりと守りましょう。

タイでは、頭を触らない、足の裏は不浄、人の足をまたがないなど、タイでは昔からのしきたりのような、マナーもあります。郷に入れば郷にしたがえ。ですね♪

 

<移住地から近くの旅行先>

・ゴールデントライアングル

→タイ最北端の国境で有名な名所。チェンライ市内からは70キロの場所にありますが、メコン川クルーズでも楽しめる場所です。川からはタイ、ミャンマー、ラオスの3つの国境を見ることができます。

昔は、麻薬の取引では世界最大と言われるくらい行われていた場所でありましたが、今は安全に取り締まりしてくれていますので大丈夫です。

 

・アカアマコーヒー

→チェンライの山岳部には、今もなお少数民族が、沢山存在します。なかでも聞いた事があるのが、優秀なコーヒー豆の産地でも有名なアカ族などです。世界からも現在注文されている美味しいコーヒーです。ここでのコーヒーは、タイのどこでも有名で、流通されています。

 

・メーサローン

→中国人の村として有名な場所です。お茶畑が広がり、桜が咲く場所としても、今観光地として知られるようになりました。メーサローンから見下すチェンライの山々は本当に印象的で、絶景でした。一度はこの絶景見に行く価値はあります。

自然が豊かで、人も温かく、のんびり移住したい方に本当にオススメできる場所です。

 

・ワット.ロンクン

→チェンライは、タイ最古の遺跡も多く、遺跡や寺院の中でもひときわ目立つ寺院がチェンライにはあります。

市内から南へ13㎞行った場所にあり、バスで20Bで行く事が可能です。着いて本当にびっくりします!

タイの華やかな金色の寺院とは違って、全てが真っ白なのです。純白の寺院と呼ばれている所以ですね。

入場料金 50Bで中に入ることができます。様々な現代アートの用なオブジェが並んで、美術館に来たような感覚になります。

そのはずも、こちらのワット.ロンクンは1997年にタイのアーティストにつくられています。今では沢山のアートファンが訪れてます。チェンライでしか見ることのできない、新しい神秘的な場所です。

 

以上です。いかがでしたでしょうか?

時間を忘れて、ゆっくりしたいなと思う時には、長い人生の選択肢の1つにチェンライという場所も入れても良いと思います♪

その他参考記事→【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(プーケット編)

コメントを残す