【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(チェンマイ編)

【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(チェンマイ編)Part①

タイ 移住,海外 移住,バンコク 移住,パタヤ 移住,プーケット 移住 

こんにちは

 

今回は、チェンライ移住計画です!こちらの情報を参考に、より良い人生の選択にお役立てください!

なぜ今、移住先に東南アジアの中でも、タイが選ばれるのか? 日本よりも住みやすく、物価水準も安いので、大幅に生活水準を上げることができるんです。しかも日本人も多く、日本人向けの店がたくさんあるので困ることはないでしょう。私は日本、ニュージーランドのウェリントン、シンガポール、台湾の台北、タイの5か国で生活したことがありますが、タイは1番住み心地が良いです♪

今回ご紹介する『チェンマイ』は、『北方のバラ』とも言われる美しい古都なんです♪ バンコクに続く第2の都市とも言われていますね!余暇を過ごしている外国からの旅行者が、たくさんいます。また、日本人で定年退職された方が第2の人生を過ごされたりします。1人旅が好きな人はよく『チェンマイが1番!』と言っている知り合いもいます。

 

では、早速、、、

【タイ王国、チェンマイに移住するメリット】

<気候について>

→『チェンマイ市内』は、盆地のために、暑季の3月、4月のあたりは、他のタイの地域に比べて暑く感じるかもしれません。40度を越えることも良くあります。
11月くらいがタイはチェンマイも含めてとても住みやすく、旅行するにも良いシーズンとなります。
自然豊かな『チェンマイ』はバンコクに比べて空気がきれいに思えると思います。

<生活費について>

電気代→1500Bから暑い時期は3000B
水道代→100B~200B
インターネット→約700B
携帯電話→プランにもよりますが、500B~700Bで十分だと思います。

※私が今バンコクで使っているのは、約640Bのプランですが、とくに問題はありません。
切り詰めればもっと安くすることも可能だと思います。

<治安について>

→バンコクなどにくらべると治安は良いと思います。
しかし、観光に人気のナイトバザールや旧市街を、一人で歩く時、夜道を歩く時にはひったくりに会わないよう十分に注意をしてください。海外ではスリや盗難が多いので、そこは十分に気を付けてください。持ち物は必ず自分の前の、目に見える場所においておいたほうがいいです。とくに観光客の方は、そういう部分が緩いので目を付けられやすくなります。

在住者ではありませんが、観光客の方が携帯電話を盗まれた、とかの話は聞いたことがあります。現金は小さく分けて持ち歩く用とホテルの金庫に分けるなど、基本の徹底が大切です。

またタイでは、『野犬』にも注意してください。夜になると徘徊してます。不用意に近づいたりしなければ、追いかけられることはないにしても、、、日本のように『狂犬病予防』などもちろん受けてません。

<物件、住まいについて>

→チェンマイには以外に多くの、長期滞在の方など、外国の方外国が住んでいます。物件の種類は、

・アパート

・コンドミニアム

がメインになると思います。ネットの情報で部屋探しをするより、自分で見て回って探した方がすぐに見つかると思います。ネットにあるからと言って、実際に行ってみると部屋が埋まっていることも、よくあります(;^ω^)
これは、日本でも同じですね。不動産屋さんの表の窓ガラスに貼ってあるようなステキな費用対効果の物件は見せ物件なので、ほとんど実際にはありません。。。

タイでは、そんな戦略があるかないかは分かりませんが、良いなと感じた物件の管理室に行くと、部屋の空き情報、契約について色々と教えてくれます。

物件はピンキリですね。安くて、約3000Bほどから、高級クラスになると15000Bを超えたりします。でもバンコクに比べるとやはり少し安いですね。

ただタイは日本の5万円くらいで。スポーツジムとプール付きの素敵なコンドミニアムに住めるので、とくに金銭面は厳しくない方はオススメします! 正直な話、家賃が高いコンドミニアム内には、セキュリティーもしっかりしているので、変な問題はないと思います。

家賃を抑えたい人は、3000B~5000Bくらいからアパート物件はありますが、他の出費も抑えようとすると、自炊が必須になります。そうなると6000Bくらいからキッチンスペースが付くので、そこも考慮してみてくださいね!

 

<食費について>

→現地ローカル屋台、食堂はとても安く食べる事が出来ます。味も美味しいです。正直タイ料理も毎日食べ続けられる日本人でしたら、食費がだいぶ安く済みます笑。

・屋台→約40B~80B

・タイレストラン→200~300Bくらい。

※タイはしゃぶしゃぶビュッフェがあるので、結構安くお腹いっぱいに出来ます。またタイ人スタッフと一緒に食事となると、ビュッフェは大助かりです♪

しかし日本人はどうしても日本食食べたくなりますよね?それが定食1セットとかならいいのですが、居酒屋とかになると1500Bから2000B弱になるのではないでしょうか。チェンマイには、手羽先の『世界の山ちゃん』があるそうですね。

 

今回はここまでです♪

次回は、『娯楽・レジャー』から『医療』の情報を提供しますね!

読者のみなさんも、どこでこの記事を読まれているか分かりませんが、大半の方は日本だと思います。日本から世界へ進出したい!タイに住みたい!けど、1人だと不安。と思っている方も!1度バンコクの当店に情報収集に来てはいかがですか?『百聞や一見にしかず』ですね♪ 今はLCCもあり、世界は本当に近いです。あなたの初めの1歩!手伝います!何かのお役に立てれば幸いです♪当店の参考記事を付けておきますので、良かったらご覧ください!

参考記事→タニヤでおすすめの居酒屋は激安メニューが44品もあるクルーズレストラン。

 

コメントを残す