【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(バンコク編)

【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(バンコク編)Part②

タイ 移住,海外 移住,バンコク 移住,パタヤ 移住,プーケット 移住 

 

こんにちは

 

今回は、バンコク移住計画part②です!ぜひ、こちらの情報を参考に、より良い人生の選択にお役立てください!

なぜ今、移住先に東南アジアの中でも、タイが選ばれるのか? 日本よりも住みやすく、物価水準も安いので、大幅に生活水準を上げることができるんです。しかも日本人も多く、日本人向けの店がたくさんあるので困ることはないでしょう。私は日本、ニュージーランドのウエリントン、シンガポール、台湾の台北、タイのバンコクの5か国で生活したことがありますが、バンコクは1番住み心地が良いです♪

バンコク編part①や予備知識をまだ見ていない方はこちらからどうぞ!

【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!予備知識part①

【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!予備知識part②

【タイ王国 お役立ち情報】そうだ、タイに移住しよう!(バンコク編)part①

【タイ王国、バンコクに移住するメリット】

<物件>

→移住となれば、要チェックですね!よく日本では、東南アジアのタイやマレーシアでは、こんなにも安く良い物件が!みたいに紹介されています。もしバンコクでお客様が物件を選ぶとなりますと、以下の4つになります。

一軒家、アパート、コンドミニアム、サービスアパートですね。インターネットで自分で探したり、不動産屋に頼みます。タイ語が分かれば、個人でそのまま契約できます。

【公共機関】

普段使いはタクシーではなく、もっと節約した方は、公共機関も要チェックですね。バンコクは渋滞も多く、朝の通勤や、夕方の帰宅となれば、間違いなくBTSやMRTのほうが、早くてオススメです。

エアコンバス

→初乗りで13B。最高で25B。エアコンなしですと、9Bとかです。激安です。バンコクのバスは停車駅は教えてくれないので(日本のように案内がない)、地理を理解していないと、

タクシー

→初乗りで35B、バンコク市内でも300Bほどあれば問題ないです。(メーターがある場合)

トゥクトゥク

→基本、交渉します。観光客が’よく使う為、高値を言われることも多いので要注意です。タイに観光の時は使ったことがありますが、普段はBTSかタクシー、バイクタクシーがメインになると思います。

バイクタクシー

→こちらは早くて便利です。渋滞でも車と車の間をするすると行きます。近い距離ですと、ヘルメットはなしです。遠くだと被ります(だいたい)。バイクタクシーの事故は結構あるので、スピードを出し過ぎているようでしたら、ゆっくり走るように言ったりしていますね。

<食費について>

→食事はピンキリです。安く済まそうと思えば、タイ屋台などで50Bとか。ただし日本食を外で食べると200Bくらいはかかります。

①アルコールなし

・毎日、日本食を外食 200×3×30=18000B (2万Bほどはかかります。)

・コンビニエンスストアでは、1食100Bくらいですね。

・タイ料理は、1食50Bくらいです。

②アルコールあり

→この場合は、アルコール代金分増えますね、飲む量は人によって、違うと思いますが、参考にどうぞ。

・日本食居酒屋→1000B~1500Bくらいです。

・日本人経営のイタリアン→たくさん飲み食いして2000B弱です。

・タイ屋台→たくさん飲み食いして350Bくらいです。

バンコクには、大衆居酒屋から高級すし店まで、なんでもあります。日本食に困ることはないでしょう!

 

<娯楽費>

・缶ビール(タイビール) 約38B。

・缶ビール(日本ビール) 約50B。

・日本酒 日本の2倍以上の価格

・焼酎 日本の2倍以上の価格

・JINRO 約700B

・サントリー角瓶 約1000B

 

<医療機関について>

→年中、常夏のタイにいると、ちょっとした気温の変化(気温が下がる)と風邪を引きやすくなります。また夜寝る時は暑く、エアコンを付けたまま就寝し、朝方に雨が降り気温が下がり、風邪をひくというパターンもあります。また公共機関(タクシーやBTSなど)は、雨季でも乾季の時と同じエアコンの温度設定でかなり寒くて、調子を崩す場合もあります。

タイの風邪は日本よりやっかいで、普通に大人の男性でも高熱が出るようなことがあります。私も1度40度を超えたことがあります。そんなときに、頼れるのはやはり日本語が通じる病院ですね。

タイの大きな病院は、日本のような感じではなく病院内がまるでホテルのロビーのような造りをしています。

以下、日本語が通じる病院です。

・サミティベート病院(タイ系)

・バンコク病院(タイ系)

・バムルンラード病院(タイ系)

・サクラクロスクリニック(日系)

・DYMインターナショナルクリニック(日系)

・BLEZクリニック(日系)

 

<旅行について>

日本から近い国は、遠くなるので、もしタイ移住をお考えであるなら、韓国や台湾、グァム、サイパン、ハワイなどの旅行に行きたい方は、タイ移住の前に行っておいたほうがいいですね。タイからハワイは直行便もなく、時間もかかりかなり面倒くさいです。。。

 

以上です。

今後、あなたのより良い人生の為に、タイ移住を視野にいれてはいかがでしょうか?

もしさらに詳しい情報を知りたいかたは、ぜひ1度バンコクに遊びにきてくださいね!色んな楽しいお話をしましょう!

私はこちらの店にいますので、ぜひぜひいつでも連絡ください♪

タニヤでおすすめの居酒屋は激安メニューが44品もあるクルーズレストラン。