【驚愕!?】 タイ人スタッフの『おもてなし(ホスピタリティー)』のしかた

【驚愕!? タイ人スタッフの『おもてなし(ホスピタリティー)』のしかた】

 

バンコク日本食おすすめ,カラオケ近い,ガールズ居酒屋,シーロムエリア,タニヤ通り安い居酒屋,深夜営業,海鮮,肉,日本人経営

 

こんにちは。

 

 

今日は、『おもてなし(ホスピタリティー)』について、お話しようかとおもいます。

 

じつは、私は好きなんです、この言葉。

 

『おもてなし(ホスピタリティー)』という言葉が、日本の普通の飲食業界で言われ始めて、何年たったでしょうか? 私も日本では飲食業界一筋でしたので、飲食業界を超えた数々の業界からのサービス精神を学びました。

例えば、、、

リッツカールトン大阪の場合・・・私が30歳くらいの時、飲食専門のコンサルタント会社で働いていた時ですね。その時の会社は、直営店の店舗を増やすべく、FC展開してました。社長がいつもFC店舗の立ち上げの時に、その店のスタッフさんにいつも話していた内容です。

1番大切なのは、『お客様をもてなし、感動を与えること』だと。社長はいつも大阪に講演に行く時に、リッツカールトンに宿泊するのですが、たまたまある日、社長の誕生日と被っていたそうです。まずは受け付けで、『○○様、本日はお誕生日おめでとうございます』となりました。この時は、自分の情報をみれば、すぐ分かるくらいにしか思っていなかったようですが、部屋付くまでの間、エレベーターで会ったスタッフも、廊下でベットメーキングのおばちゃんも、みんながみんな『○○様、お誕生日おめでとうございます』と言ってきたそうです。社長は、なんで、ベットメーキングのおばちゃんまで、俺の顔と誕生日を知ってるんだ!?(笑) とおもったそうです。

すごいですね、一流ホテルなので、部屋が豪華とか、設備や食事、そんなの抜きでお客様に『感動』を与えてしまったのです。

それから、社長は、なおのこと、リッツカールトン大阪のヘビーユーザーになったそうです。

これが、『人を心からもてなす』ということなんでしょう。

日本では、度々、極度のおもてなしが、クレーマーを作ると言われますが、『おもてなしの意味』を吐き違いているのかもしれません。どうしても、お客様を満足させたい一心で、お客様の希望をすべて叶えようとします。

 

では、実際タイ、バンコクの当店のスタッフのおもてなしの方法を紹介します。

①お客さんのテーブルにお話ししに行く。

これは、日本でも同様にありますね。

 

②お客さんと一緒に飲む。

日本では店によりけりですが、ここタイでは、スタッフはお客さんにご馳走になり、一緒に、ガンガン飲みます。一気飲みします。もっと飲みたい!とお客さんにアピールします(;’∀’)

だんだんスタッフのエンジンがかかってきました。。。笑

 

③お客さんの肩や腕のマッサージをやり始める。(^-^)

もうこの段階では、だいぶ仲良い感じですね。。本人たちも、だいぶご機嫌です。。。日本では、ほぼない光景です。そして、スタッフを交えた宴会が始まる。

となります。 (*´ω`*)

だから、みんな楽しんでくれるのかもしれませんね!

 

④また、休みの日に。一緒にパタヤなど、遊びにいったり、観光につきそう。

よくご飯を一緒にいったり、観光案内したりしてます。

 

タイ人の接客は、主に自らが楽しむ、そうしたらお客さんも楽しい!』のが接客のメインでそれ以外は、ほぼなし!な感じです笑

おもしろいですよ、タイっ子たちは、本当に子供みたいで、感受性豊かで♪

そんな当店のスタッフ教育マニュアルはこちら→タイっ子たちも満足!? 東京ディズニーランドが教えてくれたクルーズレストランの教育マニュアルとは!? 

 

その楽しませ方が、上手なので、日本人の観光客お客さんはみんなリピートしてくれるんです♪

 

そんなタイっ子たちのことをもっと知りたい方はこちら

シーロム、タニヤ通りのプロが教えるタニヤのガールズ居酒屋とは?【閲覧注意】