タイっ子たちも満足!? クルーズレストランの教育マニュアルとは? 

  【タイっ子たちも満足!? 東京ディズニーランドが教えてくれた

           クルーズレストランの教育マニュアルとは!?】 

 

タイ 日本食 おすすめ ,タニヤ 居酒屋 安い ,タニヤ 居酒屋 安い,バンコク 居酒屋 安い ,バンコク 居酒屋 安い ,タイ 居酒屋 安い, タイ 居酒屋 安い ,タニヤ 日本食 おすすめ ,タニヤ 日本食 おすすめ ,バンコク 日本食 おすすめ ,バンコク 日本食 おすすめ

 

こんにちは

 

今日は、店のスタッフ教育マニュアルを特別にほんの少し教えちゃいます♪

 

当店の基本理念は、『日本より日本らしく』です。タイという異国の地でも、気疲れなく、日本にいる時と同様に、食事を楽しんでもらいたい。という想いなんです。なので、スタッフも日本語を話せるスタッフをたくさん採用に、日本語での会話ができるようにしているんです♪

 

また、そのスタッフたちのミッションは、『~お客様の航海をハピネスに演出すること~』なんです♪ お客様が、楽しんでくれると思ったら、なんでもOK!自由にやってよい。となってます。

※そんなクルーズレストランのスタッフミッションの詳細はこちらからどうぞ↓ ↓ ↓

【驚愕!?】 タイ人スタッフの『おもてなし(ホスピタリティー)』のしかた

 

この考えは、私はあの『ディズニーランド』から学びました。まだ昔、私が店長なりたてで、答えのない世界で、毎日あたふたしながらも全力で仕事していた時に、ディズニーランドの感動話の本を買って、『ホスピタリティー』を勉強したんです。

 

以下、抜粋↓ ↓ ↓

『あらゆる世代の人々が一緒になって楽しむことができる“ファミリー・エンターテイメント”を実現したい』というウォルト・ディズニーの思いがディズニーランドを生み出し、この考えがディズニーテーマパークの基本コンセプトになっているとのことです。

 

そんな中、ディズニーのあるレストランのお話です。

以下、本文抜粋↓ ↓ ↓

東京ディズニーランドにある若い夫婦が訪れました。そしてディズニーランド内のレストランで彼らは「お子様ランチ」を注文したのです。もちろんお子様ランチは9歳以下とメニューにも書いてあります。子供のいないカップルに対してはマニュアルではお断りする種類のものです。 「恐れ入りますが、(中略)  と思われますので・・・」と言うのがマニュアルです。

しかし、アルバイト(キャスト)の青年は、マニュアルから一歩踏み出して尋ねました。「失礼ですが、お子様ランチは誰が食べられるのですか?」・・・・・・・

 

「死んだ子供のために注文したくて」と奥さんが応える。

 

亡くなられた子供さんに!」とキャストは絶句しました。私たち夫婦には子供がなかなか授かりませんでした。求め続けて求め続けてやっと待望の娘が産まれましたが、身体が弱く一歳の誕生日を待たずに神様のもとに召されたのです。私たち夫婦も泣いて過ごしました。子供の一周忌に、いつかは子供を連れて来ようと話していたディズニーランドに来たのです。そしたら、ゲートのところで渡されたマップに、ここにお子様ランチがあると書いてあったので思い出に・・・」そう言って夫婦は目を伏せました。。。

 

あとは、みなさんのご想像の通りです。そのスタッフは、まるで、そこにその子供がいるかのように、対応したそうです。(T_T) もちろん、ディズニーランドのオフィスも先輩方も、誰1人、対応したスタッフを注意する人はいませんでした。

 

スタッフのマニュアルを超えた対応が、こんな素晴らしい感動を生んだわけですね。

 

そこから、私の考えも、

『マニュアルとは、最高のルールではなく、最低限守らないといけないこと』に変わったんです♪

これは、心理的な部分もあるのですが、

最高のルールにすると、

1、それを目標として、目標を目指す形になるため、100点以下ののスタッフが生成されてしまう。

2、その目標を達成すること以外のことを、考えられなくなってしまう。

 

最低限のルールにすると、

1、自尊心から、常にそれを超えていないといけないようになる為、最低ラインを上回るように保とうとする。

2、更にプラスアルファで、独自で考え、行動、提案に結びつけることができる。

 

人を感動させるのに、必要不可欠なのは、『心』ですよね。決して機械的なルールではないです。当店のタイっ子スタッフたちは、日本人と同じようなスキルや考えは正直全然ありません。 しかし、『お客様も喜ばせよう』とか『楽しんでもらおう!(本人も楽しみたい。。。(。-∀-))』という気持ちの純粋な想いは、私たち日本人がもっと学ばないといけないことかも知れません♪

 

いつか、お店がもっともっと大きくなって、今いるスタッフたちが各店のマネージャーになったら、ディズニーランド研修なんてもの、楽しそうですね♪

 

ではでは。また次回!

当店クルーズレストランのことをもっと知りたい方は、こちらの記事もどうぞ↓ ↓ ↓

バンコクの日本食は高い!? 安くても高クオリティーの日本食居酒屋はクルーズレストラン