バンコクのタニヤ通りで、優雅に高級ワインの『オーパスワン』を飲んだお客様のお話。

【バンコクのタニヤ通りで、優雅に高級ワインの『オーパスワン』を飲んだお客様のお話】

 

オーパスワン タニヤオーパスワン バンコク,オーパスワン タイ,タニヤ オーパスワン,バンコク オーパスワン,タイ オーパスワン

 

 

『オーパスワン。。。』 ワイン好きなら、誰もが1度は聞いたことがある高級ワインですね。

ワインを知らない人とっても、ネーミングを聞いただけで、『なんか品格がありそうなワインだな』と思えるのではないでしょうか? その名の通り、オーパスワンはカリフォルニアの高級ワインです。

オーパスとは、作品番号の意味、ワンは、1ですね。 作品番号1番の交響曲となります。だから、名前を聞くだけで、品があるように思えるんですね。オーケストラとかって、品格をもった人たちの社交場みたいなんで笑

 

さて、そんなこんなで何故その高級ワインが、当店で開けられることになったのか、、、

それはそれは、まだタイ、新型コロナウィルス政策第一弾を発表後から数日のことでした。。。

参考記事→新型コロナウィルス感染症拡大を受けて、タイ政府の発表 2020年3月17日

 

タニヤ通りのカラオケやパッポン通りが閉鎖され、タニヤ周辺の飲食店も悲鳴を上げ始めていたころ、数人の日本人のお客様が来店されました。話によると、はじめはフィリピンのセブ島に行く予定でしたが、コロナの影響で飛行機が飛ばず、どうやらベトナムは行けるとのことで翌日、出直したそうですが、翌日にはベトナム行きも飛行機にも乗れず、行けるのがタイしかなかったそうで、バンコクに来られたそうです。(この時点で、すごい行動力ですよね)

色々お話を伺っているうちに、翌日も来店していただけるとのことになり、1人のお客様から『オーパスワンが飲みたい』とのご要望があったのです。あいにく当店では取り扱いがなかったので、色々サプライヤーを当たってみることにしました。その1つのサプライヤーがオーパスワンを取り扱っていたのです。まさにラッキーでした!

翌日になり、オーパスワンをご用意できたことを伝えると、喜んで頂けて、本当に良かったです。当店の内装は、豪華k客船の船内をイメージしていて、テーブルも普通のお店より少し大きめになっており、椅子もゴージャスな感じなんです、そこで飲むオーパスワンは、まさにお店とマッチしていました。

 

お連れの何人かのお客様は、タイが初めてのようで、ナイトライフが楽しむことができず、残念でしたが、次回またバンコクにいらした際は、ぜひご案内したいと思います。

 

今回は、不思議なご縁でした(*^_^*) お客様からも、またバンコクに来ていただけるとのことでした!