【タイお役立ち情報】バンコク穴場の人気ショップはココ!

【タイお役立ち情報】バンコク穴場の人気ショップはココ!part③

【タイお役立ち情報】バンコク穴場の人気ショップはココ!

 

こんにちは。

 

今回はこんな話題でいきましょう!

 

「NaRaYa」(ナラヤ)・「Jim Thompson」(ジム・トンプソン)は、日本人の中では定番のお土産ショップではないでしょうか? また、「Jim Thompson」においてはアウトレット店が存在し、場所も中心地から遠くはないところにあるので、ジム・トンプソン好きは絶対チェックですね!

そして旅女子たちのお土産の中でも関心の高いのが、「タイコスメ♪」。 今回はコスパも◎なプチプラ商品を紹介してまいります♪♪

定番のあの商品から、最近インスタでも話題になった女子力高めのショップまで女子の皆さん、チェックしてください!

part①はこちら→【タイお役立ち情報】バンコク穴場の人気ショップはココ!

part②はこちら→【タイお役立ち情報】バンコク穴場の人気ショップはココ!

では、早速スタートです!

 

<目次>

①タイへの入国最新情報

②『NaRaYa』(ナラヤ)

③『Jim Thompson』(ジム・トンプソン)

④今日のタイ料理 カナーとは?

 

②<「アバイブーベ病院」のノンシリコンシャンプー>

→国営「チャオプラヤアバイブーベ病院」がプロデュースすることで有名なアバイブーベ病院の商品。 良質なハーブに拘るなど、オーガニック商品として質も高くそれでいて、値段は超良心的です! ノンシリコンシャンプーとコンディショナーなら、各250円ほど。

石鹸なら100円くらい。 人気は、マンゴスチンとノニです。

 

③<眠気覚ましの「ヤードム」>

→眠気覚まし?嗅ぎ薬、メントール等が入ったリップサイズの「ヤードム」。 鼻から吸うことで、リラックス効果があると言われています。 セブンなどのコンビニでも購入可。 お値段は30B程度≠100円。 タイらしいお土産としても定番です。

その他、注目のコスメショップを以下にもまとめてみました♪

 

是非HPを見ていただいてお目当ての商品をチェックしてほしいと思います。

・オリエンタル プリンセス[Oriental Princess] 公式HP:https://www.orientalprincess.com/

・ビューティー・ビュッフェ[Beauty Buffet] 公式HP:https://www.beautybuffet.co.th/

・ビューティコテージ[Beauty Cottage] http://www.beautycottageshop.com/

 

特に「ビューティコテージ」は、レトロなパッケージがかわいく、インスタでも大人気のブランドです。 ナチュナル&オーガニックなのも嬉しいですね♪

ラフォーレ原宿にもオープンしたと言いますが、当然こちらも現地購入でお得に手に入れてください!

 

***************************************************

今日のタイ料理

 

美味しいだけじゃない!栄養価も高い「パッカナー」

 

パッカナーは、タイ語で「パッ」は「炒める」、カナーは「カイラン菜」・「ケール」のことで、カイラン菜・ケールの炒めもののことですね。

カナーはタイでは大変ポピュラーな野菜で、味は少しほろ苦いかな? ですが、超栄養価が高く、あの青汁の原料でもあるんですねぇ~ 種類としてはキャベツの原種とされ、一年中栽培できる生命力の強い植物のため、東南アジアや世界各地で栽培されています。

特に目立って栄養価が高いのはβカロテンで、にんじんの2倍、カルシウムに置いては牛乳の2倍以上と言われ、別名「野菜の王様」とも呼ばれています。

特に近年ではタイでも高血圧や糖尿病等、生活習慣病に関する問題が取り上げられていますが、カナーは生活習慣病を予防する効果があるといわれているんです♪

具体的には、

血糖値を改善⇒糖尿病を予防 善玉コレステロールを増加⇒高コレステロール血症の症状を改善 血液の流れを良くする⇒動脈硬化を予防 このような効果があると言われています。

肥満な人も多いタイ人にとっても欠かせない野菜なんです(^^♪

その他、アンチエイジング・ストレス解消などの効果もあるといわれているので、これは食べてみない手はありません!

 

パッカナーの味付けはオイスターソースとニンニク。 パックブンファイデーン(空心菜炒め)とほぼ同じです。 若干、カナーの方が少々葉に苦みがありますが、そこまで気になる程度ではなくお子様でも美味しく食べれるのではないでしょうか?

 

辛くしてほしくない時は、そう「マイペッ」ですね! 逆に辛くしては「アオペッ」、辛いが「ペッ」にあたります。 ぜひ、タイで使ってみてくださいね!

 

今回はここまで!

 

<続きは次回>

次回は、「アバイブーベ病院」のノンシリコンシャンプー!国営の病院がプロデュースしてるんです♪

 

今回記事をご紹介しているのは、バンコクのタニヤ通りで、日本食&タイ料理レストランの運営をしているクルーズレストランです。 タイの情報はおまかせください♪

タイの最新情報を収集しながらも、お酒が飲めたりカフェスタイルのようにゆっくりできたりと、、、新しいタイプの店舗なんです♪ ぜひ、お近くにお立ち寄りの際は、どうぞ!

 

参考記事→シーロム、タニヤ通りのガールズ居酒屋の遊び方。可愛いタイっ子たちの『トリセツ』とは!?